日本4-1パラグアイ 日本快勝

 代表サバイバルだという。ここからは誰が代表選手として生き残り、ワールドカップに行けるのか。レギュラーを固めても良い時期という気もするのだが、森保監督はこれまで二番手ぐらいにいた選手を多く起用していた。まずサバイバルということだろうか。レギュラーは次のブラジル戦に取っておくつもりだろう。
 というわけで、誰が出ていたかをまず見てみよう。

GK シュミットダニエル
DF 山根 谷口 吉田(46'板倉)伊藤
MF 遠藤航(46'中山)原口(62'田中碧)鎌田 三苫(83'古橋)堂安(71'久保)
FW 浅野(46'前田大)

得点 36'浅野、42'鎌田、60'三苫、85'田中碧  59'ゴンサレス

36分 原口の裏へのパスに浅野が抜け出してゴールキーパーと一対一を制す
42分 堂安の浮き球クロスに鎌田が飛び込んでヘディングシュート
59分 右バイタルエリアでゴンサレス、谷口を躱して左隅にシュート
60分 原口がディフェンスを引きつけて左サイドでフリーの三苫へ。出てくるGKを見定めて浮かしたシュート
85分 美しいミドルシュート。振りが小さいからGKの反応が遅れる

77分 堂安からのスルーパスに鎌田が抜け出しGKが鎌田を倒してPK。そのPKは堂安が失敗。

 浅野・鎌田と2アシストの原口は、レギュラーではないだけにアピール出来ただろう。ディフェンスが0点に抑えられなかったのは残念で、谷口とシュミットダニエルは悔しかろう。大然が惜しい好機を何度か外していて、アピールし損ねていた。

 パラグアイの時間帯も少々ながらあった。コンディションの問題があったかもしれないが、日本に物見遊山に来たのではないと思われた。その相手に快勝なのだから戦術的にも悪くない。
 さて、次はブラジル戦。サバイバルよりも、日本がどの程度強豪と戦えるのかの試金石になるだろう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント