U-24 日本0-1アルゼンチン 親善試合はこうでなければ

 もちろん負けてよかったなどと言うつもりは毛頭ありませんが、親善試合はこうあるべきだと思いました。
 強敵と切磋琢磨する。それでこそ親善です。相手が強すぎるのも情けないですが、前日の韓国のように弱すぎるのも強化にならないです。

 アルゼンチンは序盤から全開でした。日本のクロスバーが二度、良いセーブをしました。幸運がそう何度も続かないぞと思っていたら、バルガスのクロスからガイチのヘディングで先制されました。
 バルガスに競っていたのは板倉ですが、ちょっとしたドリブルの緩急で置いていかれました。メッシがああいう緩急で抜くドリブルを得意としているんですが、アルゼンチンには浸透している技なんでしょうか。ガイチと最終的に競ったのは菅原ですが、あそこにクロスが行くことに気づくタイミングが遅れました。

 その後は日本が攻め込むんですが、アルゼンチン後半シュートゼロなんですね。割り切ってスペースを埋めて守られて日本が攻めあぐむ構図でした。
 惜しいシュートが多かったんですが、枠外が多い。狭いスペースでディフェンスのプレッシャーを受けながら、いかに正確なシュートが打てるか。難しい話ですがそれが出来ないとこのレベルの相手には勝てないわけです。

 話題の三苫はしばしば得意のドリブルを止められました。間合いが詰められて止められる場面が目につきました。それならどうすれば良いのか。中二日で結論は出ないかもしれませんが、Jリーグでは無かった悩み事が出てきたのは彼にとって良かったのではないですか。他のJリーガーにとっても、どうやって三苫を止めればよいか参考になったでしょう。
 久保君はさすがのテクニックを見せていましたが、人数をかけて守られやはり苦労していました。そこをどう打開するのか。天才の彼に出来なければ他の誰にも出来ませんから、頑張ってほしいものです。

 いろいろと参考にもなり、悔しくもあった敗戦でした。もう一試合ありますが、それがまた楽しみでもあります。良い親善試合でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント