F東京3-2湘南 湘南と私のサッカー観

 湘南の3バックの右に元仙台の大岩。控えのFWに石原直。お馴染みの山田直が中盤に君臨。と、よく知っている選手はいるのだが、湘南はずいぶん人が入れ替わり、知らない選手が増えた。監督は2019年秋から浮嶋敏。
 驚いたのはその湘南サッカーの変貌ぶりだった。チョウキジェ監督の頃からすっかり変わっていた。
 テクニカルに繋ぐサッカーをしようとしていた。以前ならプレスを受ける前からロングボールを入れて走るぞ、という所で、プレスを躱してからパスパスで繋いでいた。

 これで湘南はJ1で勝てるのか、と疑問が湧いた。
 テクニカルに繋ぐサッカーをするにはテクニックに秀でた選手が必要だが、テクニックに秀でた選手は値段が高い。このサッカーで勝とうとしたら資金力が必要になる。だが、湘南は資金が潤沢なクラブではない。
 かつての湘南はテクニックに秀でてはいないが頑張れる選手、それほどお高くない選手を集めて走り勝つサッカーをしていた。ハードワークが信条だった。今でもハードワークなのかもしれないが、何のためのワークなのか方向性が変化した。
 この湘南のサッカーは、資金の乏しい相手なら勝てるだろう。例えば仙台とか。しかし、資金のある、F東京のようなクラブに勝つのは大変な筈だ。

 などと思って見ていたら湘南が先制した。大橋がドリブルで入り込み、山田直が近距離でボールを受けてゴール右隅にシュートした。テクニカルな得点だった。
 このまま湘南が勝利してしまったら、自分は前述したようなサッカー観を変更しなければならなかっただろう。
「資金のないクラブは守り勝つか走り勝つかしかない。テクニックを前面に出してパスワークとポゼッション主体のサッカーなどを目指しても勝てない」
 それが私のサッカー観だ。それを返上しなければならないのか。

 F東京は逆転で勝利した。
 幸か不幸か、私はサッカー観を変更せずにすんだのである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント