CWC ティグレス2-1蔚山 ティグレス、老獪に逆転勝利

 クラブワールドカップって、やるんですね、とまずそのことに驚いていたりする。なお、オセアニア代表は出場せず、開催国枠と五大陸代表の6クラブで争われる。

 ティグレスはメキシコのクラブ。はて、北中米代表でメキシコ以外のクラブが出たことがあっただろうか。
 そのティグレスのユニフォームの色はベガルタゴールドに似ていて、親近感がある。
 アジア代表はお馴染みの蔚山。監督はさらにお馴染みのホンミョンボ。

 序盤は蔚山が好調に見えた。24分、コーナーキックからニアサイドのキム・キヒが頭で合わせて蔚山先制。
 しかし徐々にティグレスが盛り返した。38分ティグレス、コーナーキックから、レジェスが頭でゴール前に送って飛び込んできたジニャクがゴール。
 それからはティグレスが押し込んで蔚山は防戦。前半の終了間際、コーナーキック後の競り合いでハンドがあったとしてティグレスにPKが与えられた。これをジニャクが決めて前半のうちに逆転。

 後半の蔚山、58分にユン・ビッカラムが後ろから来たボールを胸トラップしたかと思うとボレーシュート。素晴らしいゴールが決まったかと思われたがオフサイド。
 その後、蔚山にはあまりチャンスがなかった。ティグレスはのらりくらりと時間を潰すかと思えば、蔚山陣内へ唐突に攻め込んで脅かした。老獪な試合運びと感じた。
 そのままスコアは動かず、タイムアップ。

 個人的にはメキシコクラブのパスサッカーは好きなのでティグレスの勝利は嬉しい。ホンミョンボは残念でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント