天皇杯決勝 川崎F1-0G大阪 川崎Fが逃げ切って終了

 前半、川崎Fが攻めている時間が長かった。
 スルーパスがあり、クロスがあり、ドリブルがあり、サイド突破があり、ゴールラインから中央へ戻しのパスがあった。多彩な攻撃だった。
 それらをG大阪がどうにか止めていた。ディフェンダーがシュートコースを限定し、あるシュートは枠を外し、あるシュートは東口がセーブした。G大阪は川崎Fに攻められることを前もって想定し、割り切って守備に奔走していた。前半はスコアレスで終了。

 決める時に決めないと、などという決まり文句が頭に浮かんだ。G大阪が少ないチャンスを決めて、などという展開も有り得ると思っていた。
 しかしやはり先制は川﨑F。55分、レアンドロダミアンのパスを受けた三苫がディフェンダーのプレッシャーを左から受けながらもドリブルしつつ右に流れ、シュートをファーサイドのゴール左隅に決めた。
 彼はいつ海外にいくのだろうか。これだけの能力は日本に留めておけないだろう。
 その後も川崎Fが攻め続けた。こんなに一方的に攻撃を続けていたら、サッカーをしていて楽しいだろうなと思った。一方のG大阪の選手たちにとって、このサッカーは苦行だっただろう。

 などと思っていたら、終盤になってG大阪にチャンスが来た。ソンリョンが引き出されて谷口がゴールをカバーした場面もあったし、ソンリョンの頭上を襲うシュートへの好セーブもあった。しかし得点には至らず。
 アディッショナルタイムは4分。憲剛は出てこない。G大阪は懸命に攻めた。最後は右サイドからフリーキック。だがクリアされて試合終了。

 川崎F、初の天皇杯制覇。憲剛はフィールド外で最後の試合を見つめることになった。彼は優勝して嬉しそうだった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント