柏5-1仙台 勝つのが難しいサッカー

 今年ベガルタ仙台の試合を見るのは初めて。さて、木山新監督率いる仙台はどんなサッカーをするのだろう。興味津々だった。
 一見して、勝つのが難しいサッカーだと思った。
 仙台はボールを大切に繋いでいる。繋ぐためにパスコースを作ろうと走っている。最初は良いが、時間が経つと疲れてくるだろう。
 それに繋ぐサッカーは、相手がパスコースを次第に読んでくる。時間が経てばこれも繋ぎにくくボールを奪われやすくなるだろう。
 仙台に追いつかれたり逆転されたりした試合が多いのは、故なきことではない。

 繋いで繋いでゴール前までボールを運ぶにはそれなりに時間がかかる。その間に柏はゴール前にディフェンダーを集めてしまう。そこから仙台が点を取るには、狭いスペースでシュートが打てるか、精度の高いミドルシュートが打てるか、という話になる。実際、仙台の攻撃では狭いスペースでシュートを打って柏ディフェンダーが体で防いだり、ミドルシュートが惜しくもセーブされたり惜しくも枠を外したり、という場面が目立った。

 この試合ではオルンガがハットトリックした。
 オルンガに一対一で勝てるディフェンダーがいれば良いのだが、仙台にはいなかった。ただ、問題はオルンガに対峙するディフェンダーばかりではない。オルンガにボールを出すところを抑えられていない。
 柏は仙台と違い、単純に繋ぐのではなくロングフィードやサイドチェンジを交えて攻撃していた。この長いボールが面白いように通った。
 それに仙台がボールを奪われる瞬間の選手位置が良くなかった。サッカーなのだからボールを奪われることもあるわけだが、ボールを繋ぐ意識の強い仙台はボールを奪われたら、という危機管理が出来ていない。奪われた次の瞬間にボールをフリーの選手に出されていた。前目にフリーの選手がいたら、そこからオルンガにパスが出てくるのは道理だろう。

 というわけで、仙台の完敗だった。
 仙台よりもパス精度の低いチーム、シュート力のないチームが相手なら勝てる可能性もあるだろう。しかし、大抵のJ1チームは違う。
 木山監督は何かしらの修正をしなければなるまい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント