日本女子1-3スペイン女子 いいようにしてやられる

 SheBelieves Cup(シービリーブスカップ)である。ビリーブスのスは三単現のSか。彼女が信じている杯。
 日本は情けないくらいに、いいようにしてやられた。何を信じろという話か。ただ弱いということか。

 スペインは基本的にパスワークのチームだった。男子と変わらない。
 そのパスワークで日本は後れを取った。ボールを繋げられ自分たちは繋がらない。日本の選手たちはボールを受けてから誰がボールを受けられるのか探していた。これではビルドアップも何もない。弱くなったなと思う。ワールドカップの時も弱かったが、さらに弱くなったのではないか。
 繋げようとして繋がらぬから足の遅い熊谷の裏を突かれる。つまらぬパスミスをかっさらわれることにもなる。
 アジリティが通用していない。決定力もない。そこで連携がなっていないのだから、どこでスペインを上回ることができるというのか。

 左サイドバックの遠藤が狙われていた。
 日テレではフォワードだと言う。不慣れなポジションでプレーしている。高倉監督には左サイドバックで起用したい理由があったのだろう。といってもスピードでは振り切られていたし、左足のクロスは不正確だった。自分にはその理由がよくわからなかった。

 長いパスを交えて素早い攻撃もしていこうという意図は見えた。進歩させようとはしているのだろう。残り2試合で多少は強くなったところを見たいものである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント