高校女子選手権準決勝 藤枝順心2-1修徳 勝つべきチームが勝つまで苦しんだ試合

 試合開始直後から、選手個々、あるいはチームとしての力の差は明らかだった。ボールを奪って繋いで攻める。それを一方的に藤枝順心が行い、修徳は防戦一方だった。  何度かの決定機を逃した後の28分、藤枝順心が先制した。小原が右サイドから股抜きで切れ込みクロス、それを池口が若干下がりながら頭で合わせた。小原の突破も見事だったが、池口が前へ行く…
コメント:0

続きを読むread more