U-23 日本1-1カタール 腹立たしさと失望と

 いや、例えば、日本が快勝したらどうしようかと。手の平を返す準備はしていたのだけれど。
 前半、たくさんシュートチャンスがありながらよく外すもので。連携とかフォーメーションとかの前に、この代表は単にシュートが下手なのだと思った。
 勝敗には判定が絡んだが、その前に決める所は決めないといけないし、そこで決められない人を集めてしまったからこの結果なのかなと考えている。

 審判は酷かった。
 田中碧の一発レッドはあり得ない。ボールを足で抑えたところに相手の足が入って来たのだからただの自爆だ。VARで何を見ていたのか。
 齊藤のPK献上も先に齋藤の足がボールに来ている。審判にはそう見えなかった、という話は理解できなくもないが、それならVARでなぜ確認しないのか。
 下手な審判がVARを使用してもより下手になるだけだ。こんなレベルの低い判定をいつまでアジアは続けるのだろうか。

 といっても勝てなかったのは判定のためばかりではない。
 カタールにも決定的なチャンスをいくつも作られていた。カタールは日本以上にシュートが下手だから良かったが、もう少し相手のレベルが上がれば決められていただろう。
 小川のシュートは、決まったものは見事だったが、決まらなかったものを決めてこそエースだろう。これからJリーグでさらに研鑽を積んで欲しい。

 相馬だろうか、この3試合で最も目立ったのは。彼も遠からず海外に行くのだろう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント