横浜M3-0F東京 横浜M堂々の優勝

 横浜Mはそれなりに資金力はあるし、今年上位に来ると予想していた。けれども、優勝するとまでは思っていなかった。それにはポステコグルー監督をあまり信用していなかったということがある。それにポゼッションを主体とする攻撃サッカーは、勝てる相手には勝つけれども足元をすくわれやすいものでもある。横浜Mが堅守と速攻とポストプレーによる得点力のサッカーである時期が長かったから、その伝統をひっくり返すのはどうなの、ともずっと思っていた。
 まず自らの不明を恥じねばなるまい。

 最低4点を取らなけらばならず攻撃的に来たF東京に対して、横浜Mは一歩も引かずに攻め合いに出た。そこに迷いが無かった、いやポステコ氏はそうしたサッカーを指向するだろうが、選手もまたそこで一切迷わなかったところが横浜Mの勝因だろう。4失点しなければOKという状況でありながら横浜Mは前に出てきた。どちらが勝つかではなく、どちらが点を取るか、という戦いが展開された。
 永井の絶好機が90分の中で3回ほどあったがいずれも決まらなかった。永井は以前から、難しいゴールは決めるが簡単なゴールは、と言われている選手だ。立体的に狭い空間にボールを通していく、ということと、動くゴールキーパーが目の前にいる時にGKの手足が届かない空間を見つける、というのは全く違う作業なのかもしれない。
 東の伸ばした足に当たったティーラトンのシュートが絶妙な浮き球になってしまうというのも運と言うのか。いや、そんなシュートを打たせたところに遡らなければなるまい。横浜Mが運で先制したと言ったら、横浜MよりもF東京に失礼な気がする。
 44分エリキのゴールは文句なし。横からディフェンダーに押されていても、ものともしない。強すぎ。

 後半、朴一圭のレッドカードは厳しいと思ったけれども、決定的機会の阻止と言われて否定できるものでも無し。終わってみれば代わった中林が冷静でさすがだった。パクって、日本に来年もいたらJ1第1節で出場停止になるのだろうか。そこが気になった。
 10人になった横浜Mが、さらに1点を加えたのだから文句のつけようがない。この遠藤渓がベンチスタートというところが層の厚さというものだろう。マリノス生え抜きらしいが、常時先発で出られるチームに行く気はないのだろうか。

 中澤が昨年引退し、栗原が今年引退する。対人に強いディフェンダーはマリノスの象徴でもあった。人の入れ替わりがスムーズに進んだことも優勝の要因だろう。
 15年ぶりの優勝は、過去をいかにアップデートするか、そこに挑戦した結果でもある。横浜Mは10人になっても攻め続けた。ポステコグルーのサッカーを貫いた、堂々の優勝だった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント