天皇杯準決 神戸3-1清水、鹿島3-2長崎

神戸3-1清水 神戸の良さが出た

 試合開始直後は清水がハイプレスをかけてドウグラスのシュートに結び付けていた。しかしプレスは次第に効かなくなり掻い潜られるようになっていった。神戸のパス回しのほうが一枚上手だった。
 先制点は神戸。13分、イニエスタの右からのミドルシュート。清水ゴールキーパーの西部はイニエスタが直接シュートを打ってくるとは予測していなかったようで反応が遅れた。シュートは打たなきゃ入らない。
 さらに33分、高徳の左からのクロスが右サイドにいた田中順まで届いてゴール。ビジャが体調不良で田中順がスタメンで出ていたらしいのだが、田中順には嬉しいゴールだっただろう。
 このまま神戸が押し切るのかと思ったら、38分に清水のドゥトラのゴールが決まった。浮いたボールを放り込むシュートで簡単なゴールではなかった。
 後半に入っても神戸のパス回しが清水を上回っていた。と思っていたらサンペールがバックパスをした後にこけるというプレーがあって神戸絶体絶命。飯倉がスーパーセーブで防いだ。サンペールは守備が不安定で、誰かと代えてくれよという心境になった。その直後に古橋のゴールが決まって3-1となった。
 終わってみれば神戸の良さが出た試合だが、神戸は守備面で隙が多い。清水はその隙をうまく突けなかったが決勝ではどうなるだろうか。


鹿島3-2長崎 勝つまでは大変

 鹿島が特別に天皇杯で強いという印象は無いのだが、カテゴリーが下のクラブに負けた記憶は殆どない。というわけで鹿島が勝つのだろうと思ったし実際に勝ったのだが、勝つまでは大変だった。
 4分、三竿のシュートを伊藤翔が触ってフリーのセルジーニョの足元へ。鹿島先制。
 23分、レオシルバの直接フリーキックを畑が蹴り損ねてしまってオウンゴール。
 ここでは鹿島が簡単に勝つのかと思っていた。しかし37分、米田の股抜きシュートが決まって1点差で前半終了。
 後半には長崎のほうが良いサッカーをしているのではないかという時間帯が長かった。お馴染み手倉森監督はなかなか良いチームを作っている。F東京にいた徳永、仙台などにいた角田らベテランも良い味を出していた。
 73分、伊藤翔のヘディングシュートが決まって鹿島が突き放したと思った。しかし、76分呉屋のシュートがクロスバーを叩き澤田が押し込んでまた一点差。
 長崎は最後まで鹿島を苦しめた。鹿島順当な勝利だが、勝つまでは大変だった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント