ACL決1 アルヒラル1-0浦和 主に5-4-1と福島の話

 浦和のフォーメーションが5-4-1だった。
 甲府がJ1にいた頃のフォーメーションだ。そして浦和はアルヒラルに攻められっぱなしだった。それもJ1にいた時期の甲府のようで既視感があった。

 5-4-1は守備的な布陣で守りは堅いのだが、守備的な分だけ相手を呼び込んでしまう。攻められずに守り続けていればどこかで決壊することが多い。
 5-4-1で失点しないためには攻撃が鍵になる。ボールを自陣から遠ざけている時間をある程度作っておかないと、とても耐えきれない。例えばキープ力のあるフォワード目掛けてボールを蹴って押し上げるとか。かつての甲府では盛田などがその役を担っていた。
 浦和のワントップは興梠なのでボールをキープするタイプではない。押し上げられずに攻められっぱなしだと、甲府は後半途中あたりで失点することが多かった。
 アルヒラルと浦和のシュート数は23対2、どこまでも既視感のある内容だった。

 この日の注目はもう一つ。ACL初出場が決勝戦という浦和のゴールキーパー福島だ。
 実に反応の速いGKで、浦和には良い第二GKがいたのだな、と思った。いったい何点救ったかわからない。
 しかし失点場面では届かないボールに飛び込んでゴールをがら空きにしてしまった。この届く届かないの判断にアジアでの経験値が反映されていた。

 内容的には、1-0ですんで良かったというところである。
 ホームでは浦和も攻めに行かざるを得まい。実際、5-4-1で攻められっぱなしの試合など、当時の甲府もそうだったが、そう見たくなるものではなかった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント