甲府2-0琉球 曽根田2発で甲府5位プレーオフ

 琉球の樋口監督はかつて甲府を率いていた。あれは2015年。ずいぶん昔のことに思える。歳々年々人不同。
 試合前6位の甲府。勝てばプレーオフ確実。引き分け以下ならどこかが抜いていくだろう。勝利必須の試合。

 前半は琉球がボールを持っていた。しかし、甲府が5-4ブロックを築くとそこにボールをなかなか入れられない。ポゼッションが有効な攻撃に繋がっていなかった。コーナーキックを得ても弾き返された。
 一方の甲府はカウンターが鋭い。前半終了間際の45+2分、ウタカのクロス、中央のアラーノがスルー。左サイドを走ってきた内田が折り返して、中のアラーノが琉球ディフェンスと競って、こぼれたボールが曽根田の元へ。曽根田が押し込んで甲府の先制。見事に連携で崩した。

 後半は開始から甲府が押し込んだ。74分、左サイドから切れ込んだ曽根田が琉球ディフェンダーの股下を抜くシュート。振りの速いシュートにゴールキーパー石井の反応が追いつかず、ゴール左隅に突き刺さった。
 それから琉球が再びポゼッション。しかしやはり甲府の5-4ブロックを崩せず、いくつかあった琉球の好機にはゴールキーパー河田が立ち塞がった。2-0のまま試合終了。

 これで甲府は第39節から最終節まで4連勝し、5位浮上。プレーオフに臨むことになった。対戦相手は徳島。アウェーでの戦いになる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント