CL リバプール4-3ザルツブルグ 南野大活躍

 南野が活躍したというので、録画して見た。確かに大活躍だった。

 まず、ぽんぽんぽんとホームのリバプールが3点取った。
 マネのドリブルとワンツー、サイドバックアシストからサイドバックゴール。いずれも素晴らしかった。
 サラーの得点は個人的に感慨深い。なにしろCLもプレミアもご無沙汰だったのでサラーはCL決勝で怪我したところから記憶が止まっていたのだ。

 ここからどうやって南野が活躍したのか、この時点では疑問に思っていた。

 ファン・ヒチャンが切り返してディフェンダーを引き剥がしてまず1点を返した。ヒチャンは良い選手だ。彼のような選手がいるのだから、韓国は日本の好敵手であり続けるだろう。好敵手がいることは日本サッカーにとっても有難いことだ。
 南野のゴールはそのヒチャンのアシスト。浮いたクロスボールをワンタッチボレーで叩き込んだのだから凄い。このシュートがワンバウンドしていたのは、故意なのか偶然なのか聞いてみたいところだ。
 ザルツブルグの3点目は南野の股抜きクロスから。これも絶妙だった。

 試合はパス回しからサラーの裏への飛び出しからリバプールの4点目が決まってリバプール勝利
 というわけでザルツブルグが負けたのだが、なるほど南野が目立っていた。得点に絡む場面以外でも、南野が前を向いてボールを持つと興奮させられる。惜しいシュートもあるし、パスにも正確性ばかりでなくアイデアがある。

 もっとメジャーなクラブに移籍してもおかしくない。世界は南野を発見した。いや、その前にクロップが南野を発見してしまったというべきかもしれない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント