甲府1-1柏 どちらも勝てた試合だがどちらも負けなかった

 プレーオフ圏内に入りたい甲府と首位独走したい柏との対戦。入場者数はこのところの中銀スタでは珍しい1万人越えの10500人。J2も終盤の佳境に入って来たからだろうし、柏サポーターが大挙して来たこともあるだろう。
 試合はボールの奪い合いが激しかった。27分、ドゥドゥが負傷でアラーノと交代。どこのチームもドゥドゥの動きに幻惑されるから持たれると厄介と激しく当たる傾向があり、それでよくドゥドゥが怪我する。歩いていたからそれほど重い怪我ではないと思いたい。
 前半は甲府が積極的にプレスをかけたがウタカが中村航との一対一でセーブされるなど無得点。柏もクリスティアーノのシュートが河田にセーブされるなどして無得点。

 後半開始早々の47分、ゴール前のオルンガを甲府ディフェンスが止めたところ、こぼれたボールを拾ったクリスティアーノが右サイドからクロス。左ポスト付近に入って来た江坂がヘディングシュート。見事に決まって柏先制。
 その後は甲府の攻撃を受け流しつつ柏がカウンターを狙う展開。柏はJ2らしからぬボール扱いのうまい選手が多く、このまま逃げ切るのだろうと思われた。
 74分甲府、内田に代えて金園。前節横浜C戦では94分から途中出場。長い長い負傷明けから戻っていた。
 75分、左サイドからウタカがアラーノにボールを送った。そのアラーノが中へボールを入れるとディフェンダーに当たったボールが左サイドポスト横に弾んだ。そこに走り込んできた金園がシュート。ゴールイン。
 今期初ゴール。金園の喜ぶまいことか。

 その後はどちらも勝ちたい気持ちが全面に出てオープンな展開になった。ウタカのシュートがポストに当たったり、クリスティアーノのシュートが河田にセーブされたりした。
 どちらも勝てそうだったがどちらも負けなかった。

 J2はまだ10試合ある。首位の柏もまだ盤石とは言えない。甲府もプレーオフ圏内はもちろん2位を諦めるのもまだ早い。このどちらが勝つかわからなかったゲームも、ポジティブにもネガティブにも捉えられる。昇格争いが面白いのはここからだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント