大分2-1鹿屋体大、湘南2-3鳥栖 劇的な試合ふたつ

 水谷です。まだ日常でサッカーが楽しめる状態になっていません。
 その中で、BGV的に見ていた試合が、それでも印象的だったので、簡単な感想を記しておきます。


天皇杯3回戦 大分2-1鹿屋体大

 技術・戦術的には明らかに大分優位で推移していたのですが、大分が試合を決められずにいました。
 大分の決定力が落ちているのか、藤本が移籍したのが痛いのではないか、などと思いました。
 伊藤のゴールは見事でしたが、120分戦ってみなさんヘロヘロで。夏場はそもそも暑くて決定力が落ちるものなのかもしれません。


J1リーグ 湘南2-3鳥栖

 こちらも最後に鳥栖の劇的なシュートが決まりました。
 オンタイムではこの得点がオフサイドだろうとすっかり思い込んでしまって。でもボールから離れた場所で8番の大野が残っていましたね。明らかなオンサイドです。
 録画をよくよく見ないとわかりませんでした。おかげで劇的な感動、というものに乗り遅れました。
 これは残留争い中の鳥栖には大きな勝利でしょう。

この記事へのコメント