仙台2-1札幌 二試合連続の関口ガガンガン

 札幌はチャナティップがおらず、ジェイのワントップに武蔵・アンデルソンロペスの2シャドウだった。

 9分、試合はいきなり動いた。コーナーキックにシマオマテのヘッド。仙台が先制。
 その後も仙台が優勢に試合を進めた。何度も札幌ゴールに迫ったがわずかな精度が足りず、最後は札幌GKクソンユンが立ち塞がった。
 好機を逃すと流れは相手に行くもので、34分、札幌は右サイドからのクロスに武蔵が打点の高いヘディングで折り返し、そこにいたアンデルソン ロペスが蹴り込む。ワンチャンスをものにして同点。前半は1-1の同点で終了。

 後半は打って変わって札幌が攻勢。ちなみにシュート数は前半仙台9札幌3、後半仙台3札幌8。札幌は次々仙台ゴールに迫った。しかし仙台ディフェンスは平岡・シマオマテのコンビが強力。跳ね返し跳ね返し得点を許さない。
 すると64分、仙台が右サイドの高い位置でボールを奪い、思わずソンユンが引き出されてしまったところでボールはバイタルエリアへ。そこへ走り込んできた関口がミドルシュートを無人のゴールに叩き込んだ。無人とは言っても浮いたボールを正確に浮かずに打つのは容易なことではない。関口は二試合連続のゴールとなった。

 そこからは札幌の反撃。ここで活躍したのがシュミットダニエル。二度スーパーセーブがあって、仙台を救った。
 これで仙台は4連勝。ホームでは5連勝。ついこの間まで降格圏にいたのが嘘のようだ。仙台は16位と勝ち点差6の暫定10位。これは残留争いを脱したと言っていいだろう。

 と言ってもシュミットダニエルの移籍が決まった。ダニエルがいなかったらこの試合は逆転されていたかもしれないわけで、やはりまだまだ油断はできない。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック