女子W杯 フランス4-0韓国 フランス大勝に思う所

 女子の日本と韓国は何度も対戦し、勝ったり負けたりしている。昨年はアジア杯とアジア大会で対戦し、1勝1分だ。数多くの対戦をしているから、韓国と他の国が戦うのを見れば、その他の国と日本女子代表との力の差をある程度は推し量ることが出来る。
 持って回った書き方をしたが、フランスはとんでもなく強い、と言いたかった。

 フランスはサイドアタックが得意であるという。試合開始からワイドなウィング的なサイド攻撃をしてきた。特にフランス側右サイドが強力だった。9分、その右サイドからアンリのクロスにルソメのシュートが決まって先制点。
 フランスはセンターバックであるルナールの高さも脅威だ。35分と45分、コーナーキックからルナールのその高さで2得点。

 後半途中まで韓国は為すすべもなかった。韓国は繋いでビルドアップに拘った。フランスのほうが高さで優るからロングボールを蹴るよりも地上戦のほうが良いと考えたのだろう。しかしフランスはプレスが厳しく、韓国がビルドアップしようとしてもどこかでボールを奪われパスを寸断された。
 後半途中から交代選手を入れて、韓国がいくらかボールをゴール前まで運べるようになった。1点くらい返すかなと思っていたら、逆にアンリがミドルシュートを突き刺して4-0。そのまま試合終了。

 感心するぐらいの強さ。日本も勝ち進めばどこかでこのフランスと当たるだろう。
 その時、為すすべがあることを期待する。いやいや、当たったらどうしましょうね?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック