U-20 日本0-1韓国 残念でした

 前半はどちらも点を取られたくないという思いがあったのか、静かな立ち上がりだった。日本も韓国も前からボールを追うということはなかった。パスの繋ぎ合いは日本のほうが得意らしく、日本のボール保持率が異様に高かった。だが、ボールを回しているだけで、形勢が良いというわけでもなかった。

 後半は韓国が前からボールを追ってきた。日本はこれに苦しんで押し込まれコーナーキックを何度も与えていた。それでも耐えた日本はカウンターからチャンスを作ってもいた。
 郷家のゴールが決まったかに見えたが、スローで見れば明らかなオフサイドだ。

 宮代のポストに当たった惜しいシュートもあった。日本は運も足りなかった。
 失点場面は何度かボールを奪って繋いで韓国の攻撃を切れる機会があったのに、ミスパスで逆に相手にボールを渡してしまったのが残念だった。

 さらに残念なのがベンチワークで、韓国は前からボールを追ってさらに交代選手を早めに入れてきた。にもかかわらず日本は点を取られてから二人を代えていて、明らかに後手に回っていた。私たちが先に疲れますから点を取ってくださいというベンチワークだ。
 もっとも攻撃手が二人怪我でいなくなっていたので、代えようにも代える人材がいないという話だったのかもしれない。

 将来、フル代表で当たる時は勝ってくれと思うのだが、この日のU-20メンバーで日本代表のレギュラーになる選手がはたして何人いるのか。そうした面でも悔しさが糧になれと思うばかりである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック