ドイツ女子2-2日本女子 せっかくGKが2点くれたのに

 ドイツのゴールキーパー、Schult Almuthがゴール前で二度、日本にパスをしてくれた。そのお馬鹿のせいで2点取れた。解説の永里(妹)が、このGKはこの手のポカが多いと言っていた。ドイツにはあんなGKしかいないのだろうか。男子だとドイツはGK王国というイメージがあるのだが。

 序盤から日本はサイドを何度も崩されていた。特に日本の右サイド。
 右サイドバックと言えば清水なのだが、清水が悪いのか、それとも清水が上がった裏を狙われていたのか。ともかく、サイドでボールを回されているうちに、人が足りなくなるというか、マークできずにフリーになるドイツ選手が出てしまう。フリーだから、そこから正確なクロスが飛んでくる。
 失点はいずれもフリーにしてしまったサイドから、正確なクロスが飛んできたために生まれた。
 寄せが甘いという見方もあるようだが、日本には戦術上の問題があるように思われる。高倉監督はサイドを捨てて中を固めろという指示でも出しているのか。

 日本のGK、平尾は良かった。劣勢の時間帯が長かったが、何度か良いセーブをしていた。日本のゴールキーパーは、良い競争をしているようである。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック