大分0-1広島 うまくやっても負けは負け

 大分の片野坂監督は2010~2013年に広島のコーチをしていた。この間、2011年まで広島の監督をしていたのが現札幌監督のペトロヴィッチであり、2012年から広島監督をしたのが森保監督である。片野坂監督が広島コーチ時代の影響を受けているのはよく知られているところである。  この広島戦での大分のサッカーを見ていて、ボリビア戦での日本代…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本1-0ボリビア 良かったと思いますよ前半も

 風邪で数日寝込んでいた。そのため試合結果やマスコミ、ネット上の評判などを先に知ってから見ることになった。  中島らが出てきた後半途中から劇的に良くなったような評判が多い気がしたが、そこに少々違和感がある。  日本のシュートが12本、ボリビアのシュートが3本。シュミット・ダニエルはコーナーキックで一度パンチングをしていたがそれ以…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甲府1-1金沢 アディッショナルタイムに追いつき甲府5戦無敗

 甲府はここまで4戦3勝1分の負けなし。ウタカとドゥドゥが相性ぴったり、という噂は聞いている。だがテレビで見るのは今年初めて。一方の金沢は1勝1分2敗で中銀スタジアムに乗り込んできた。  試合開始直後は金沢の出足が良く、プレスに甲府は苦しんだ。また、評判の良い筈のドゥドゥとウタカの距離が遠く、金沢のマークも厳しく不発。金沢優位で進…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本0-1コロンビア 打てども入らず敗れる

 柴崎がキャプテンマークを巻いていた。寡黙なイメージがあり、キャプテンには向いていなさそうに見えたので驚いた。実際に寡黙だったのかはともかく、彼が代表の中心選手の一人であることを監督が示した。  センターフォワードを鈴木武蔵が勤めていた。大迫がいない時にさまざまな選手が代わりにセンターフォワードをしていたが今まで誰もうまくいかなか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

札幌1-3鹿島 札幌が伊藤翔に屈す

 伊藤翔は高校卒業後、Jリーグを経ないでグルノーブルに加入。そこで4シーズンを過ごした後、帰国して2010年に清水に加入した。その後、横浜Mに移籍、今年から鹿島の一員となっている。  J1リーグでは昨年まで9年間で183試合に出場、37得点。だいたい5試合に1得点。パワフルなプレー、何かやってくれそうな雰囲気。しかし、シュートがなかな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湘南2-1仙台(生観戦) 平塚は寒く仙台もまた寒く

 天気は良かったが風が冷たかった。気温は12.5℃。それでも朝に山梨県を出た時に比べれば空気は柔らかく、セーターとジャンパーでどうにか乗り切ることが出来た。入場者数は9,290人。湘南としては入った方だろうか。私の席はバックスタンドアウェー側の自由席。  第3節まで湘南は1勝2敗、仙台は1分2敗。ここで負けると第4節にして、残留争…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仙台1-3神戸 この仙台なら悪くない

 震災関連試合ということで相手は神戸。日曜日は忙しくて、私がこの試合の録画を見たのは3月11日(月)、まさに記念日だった。  あれから8年。当たり前にサッカー観戦が楽しめることを幸せとして噛みしめたい。  さて試合。簡単に言えば、仙台が神戸との資金差を見せつけられた。  神戸の1点目。あの場所に入り込んでいた古橋も偉いが、それ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本女子0-3イングタンド女子 勝負強いかもしれないが強くない日本

 この女子の日本代表に対して、何度か勝負強いという書き方をした。アジア杯で優勝し、アジア大会で優勝し、このSheBelieves Cupでも劣勢ながらアメリカと引き分け、劣勢ながらブラジルに勝利した。なるほどここまで勝負強かった。  だが勝負強いという言葉には若干の揶揄が入っている。強そうには見えないのだがなぜか勝っている、内容は悪い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本女子3-1ブラジル女子 勝負師高倉

 アメリカ戦から中二日。日本は先発を七人入れ替えた。  入れ替えなかった選手。 GK: 山根、DF: 有吉、MF: 中島、FW: 横山  信頼というものであろうか。入れ替えて入った選手は、 DF: 大賀・南・宮川、MF: 宇津木・阪口萌、FW: 池尻・籾木  南と宮川は代表初キャップ。顔と名前を一致させるのに一苦労。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神戸1-0鳥栖 神戸は良しとして鳥栖はどうしたら

 試合前に神戸のイニエスタとビジャが鳥栖のトーレスと再会を喜び合っている映像が流れた。NHKはこれが撮りたかったのだろう。  その映像にいささかの感慨はあるが、私が観たいのは邂逅ではなく勝負である。  昨年の神戸はポドルスキとイニエスタがいるのはいいけれども、誰がそこにボールを供給するのかという問題があった。三田が一人でそこを頑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜M2-1仙台(生観戦) 1点差だがマリノスに圧倒される

 晴れていて気温は13℃とのことだが、風が冷たく寒く感じられた。春は名のみの風の寒さよ。歌の文句そのままである。  私の席はバックアッパーゾーンの自由席。私にとっては今年初観戦だが、横浜Mにとってもホーム開幕戦。そう思って見ればチアリーディングチームの旗振りにも気合が入っているように感じられた。入場者数は22,751人。  昨年仙台…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカ女子2-2日本女子 負け試合を引き分けに持ち込む

 SheBelieves Cupは聞いた記憶がほとんど無かった。2016年から3年間、アメリカ合衆国、ドイツ、フランス、イングランドの4ヶ国で行われたが、今年はフランスとドイツに代わり日本とブラジルが参加したとのこと。  さてこの試合、日本はほとんど攻められっぱなしだった。特に日本の左サイド、有吉がいるところがヒースに何度も破られた。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more