日本1-3カタール 負けたんだから弱かったんでしょうだからどうしますか

 たぶん監督選手を含めてたくさんの人が敗因を語ってると思うんですけど、そのほとんどを読んでいないんですが、その敗因というのは、勝って当然とかいうバイアスがかかっていて、日本側が何かを間違えたんじゃないかという論調が多いのではないかと勝手に想像してるんですが、どうでしょうか。
 この試合を自分が見て思ったのは、日本代表がどこで間違えたのかなということではなくて、というか間違いが試合の中で自分にはなかなか見つからなかったというか、例えばベトナム戦で控えを出せば良かったとかいうのは違うでしょう、コンディションは中二日のカタールより中三日の日本のほうが絶対良かったんだから。
 例えば完全アウェーのカタールを相手にして、日本にプレッシャーがかかったとか逆にプレッシャーがかからなかったというのもおかしいし。

 カタールの得点場面を見るに、吉田が全失点に絡んだとか言われてますけど、吉田はマークについていて、間合いも詰めていて、明らかなミスはない。権田も取れないボールに飛びついていたわけで、少なくとも前半の2失点に関してはこちらを責めるより相手を褒めたほうがいいかなと。
 それより攻めるほうは特に前半は問題があったと感じています。攻撃が攻撃になっていないんだから。カタールの5バックに前を向けなかったし大迫のポストも効かなかったし、原口や堂安のドリブルのルート自体が潰されていたし、カタールの日本研究のほうが日本のカタール研究よりも上だったようですね。監督の力量の差もあったんでしょう。チームが発展途上なだけでなく森保監督も発展途上なんでしょう。

 後半は明らかに日本が攻められるようになってきて、ハーフタイムに何かしらの、恐らくはあのあたりを突いていけということがあったんでしょう。日本が前を向けるようになってきました。武藤を入れた判断も良かったのだろうし南野の得点まではうまくいっていました。
 その後流れが向こうにいって例のVARで吉田のハンドを取られるわけですが、あれがハンドはどうかという意見はありますし、故意のわけが無いんですけど、腕に当たっていたのは間違いないわけで、取る審判は今後も取るんでしょう。
 VARが当たり前になってあのレベルのハンドもPKになる可能性があるというのなら、ジャンプの仕方、ヘディングの仕方、その時に腕はどこにあるべきか、というところから見直さないといけないんでしょう。例えばバックパスを手で扱ってはならないとされてからゴールキーパーに足技が求められるようになったように、VARによってハイボールの対処方法も変わってくるということです。

 カタールの勝因のなかにワールドカップに向けての強化ということもあるんでしょう。つまりそれは日本の強化よりもカタールの強化のほうが早くて効率が良くて効果があって日本が追い越されたということです。日本の強化も今のやり方がベストではなくて、カタールに、これ実力で負けたよね、ってことなら、カタールの強化方法の中で学べるところは学ばなければなりません。負けたってことは弱いってことで、弱いってことは強いところとの間に差があって、その差を埋められる分だけ伸びしろがあるってことなんですから。
 この準優勝で監督もキャプテンも、もちろん協会会長も変わらないんでしょう。それなら今やっている代表選手も監督も協会も反省すべきところは反省して改めるべきところは改めるべきです。
 決してこれは、たまたま負けたんじゃない。勝てるのに負けたんじゃない。それなら次に勝つためにどうするか。幸いかどうか、コパアメリカにカタールも出るそうですから、再戦があるかもしれません。次は勝てるようにしましょう。そして将来も勝てるようにしていきましょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック