日本1-0オマーン 勝てたからよしとしよう再び

 日本の前半の入りは良く、次々とシュートを放った。特に南野が好調で、南野対アルルシェイディとまで思った。オマーンゴールキーパーのアルルシェイディはその悉くを止めた。
 20分、オマーンがカウンター。アルヤハヤエイがドリブルで持ち上がりそのパスを受けたムフセンアルガッサニがシュート。わずかに右に外れた。これが入っていたら、トルクメニスタン戦の二の舞というか、必死に点を取りにいかなければならなかっただろう。
 この少し前の場面の日本の好機で長友が前に出ていて、その長友のいなくなったスペースをアルヤハヤエイに使われた。それで誰がスペースをカバーするのか話し合われたようである。

 26分、またも南野対アルルシェイディ。セーブされたボールに原口が突っ込んできた。主審はほとんど目の前で見ていた。
 接触の場面はほとんどペナルティエリアライン上だ。エリア外と判定されてもおかしくなかったが、原口が入ってきた勢いを考えれば中と判定したくなるところだろう。
 接触そのものは足を引っかけられたものではなかった。本当にPKかな、と映像では疑問もある。アルマハイジリがすっ飛んできた勢いもあったのでそれを見てPKにしたのかもしれない。オマーン側としたら言いたいところのあるPKだろう。
 このPKを原口が決めた。アルルシェイディは日本側から見て右にフェイントをかけてから左に飛んだのだが、その手のほんの少し先をボールが通り過ぎていった。
 45分、ペナルティエリア内で長友の腕にボールが当たった。オマーン選手たちがハンドを主張したが流された。VARならPKかもしれない。だが事故的な、勢いの良いボールがぶつかってきたというものなので、PKにはしにくかったかもしれない。

 後半の日本は攻撃が停滞した。それは1点リードしていたので慎重になったことがある。オマーンが激しくプレスに来なかったことを幸いに、守備陣は後ろでボールを回して試合を殺していた。
 日本の好機も無くなったが、前半20分のような危機も二度と無かった。
 56分、北川に代えて武藤。大迫の代わりに入った北川だが、左右に流れるなどしてボールを受けて日本の攻撃を活性化していた。一方で北川自身の好機は殆どなかった。こうした場合に素人目戦での評価はどうしても低くなる。森保監督がどう評価するだろうか。
 その後は特に印象に残ることもなく試合終了。

 大迫のいない時の攻撃に関して、課題はある。守備ではあわやの場面もあった。しかし、修正後の守備の安定性は評価して良い。
 薄氷の勝利という表現がマスコミ的には多いようだ。しかし私は、進歩もあったし勝てたから良しという気分である。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック