CWC5決 エスペランス1-1(PK6-5)グアダラハラ VAR、VAR、PK戦

 アルアインに良いところなく敗れたアフリカ代表エスペランス。対鹿島戦で前半圧倒したものの後半に逆転負けを食らった北中米代表のグアダラハラ。双方が戦う5位決定戦。
 1勝もしないで国に帰るのはみっともない。6位よりも5位のほうが賞金も高い。だが、それ以上のモチベーションは保ちにくい試合でもあった。

 前半開始早々、グアダラハラがシュートを放ってエスペランスのゴールキーパーにキャッチされた。すると、このシュートを放つ前の所でファウルがあったとしてビデオ判定に。結局グアダラハラにPKが与えられた。決まってグアダラハラ先制。
 その後37分、エスペランスの放ったシュートが、グアダラハラのディフェンダーの手に当たったとVAR。これが認められ、38分、エスペランスのPKが決まって同点。

 実を言うとその後眠かった。あまりこれといったプレーも無く。
 59分、小競り合いがあってエスペランスのバドリに警告2枚目。退場。グアダラハラが攻勢に立つのだが、決定的場面はない。アディッショナルタイムに入って96分、エスペランス選手の足裏タックルがあって一発退場。エスペランスは9人になった。
 数的優位をグアダラハラが生かせぬままホイッスルが鳴った。5位決定戦は延長戦がなくPK戦へ。
 グアダラハラは後半終了直前にPK戦用GKとしてヒメネスが登場していた。

 PK戦は8人目までもつれこんだ。最後にグアダラハラのブリスエラが外しエスペランスのダワディが決めた。エスペランスが勝利で5位。
 淡々と見て淡々と書いてしまった。やっている方のモチベーションが難しいと、見るほうのモチベーションも難しかった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック