折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本女子4−1ノルウェー女子 思わぬ快勝

<<   作成日時 : 2018/11/13 18:11  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 ノルウェーはW杯で優勝候補とまでは言わないがそれなりに強豪だ。だからこれだけ点差をつけて勝つとは思っていなかった。
 とりあえず日本の先発メンバー。
GK: 山下、DF: 鮫島・宇津木・熊谷・清水・市瀬、MF: 中島・長谷川・三浦、FW: 岩渕・横山

 W杯が来年であるから、レギュラーを固める時期ではある。現状このメンバーが全てレギュラーとは言わないが、ほぼレギュラー候補とまでは言えるだろう。
 この中で市瀬が仙台L所属だが、来年も仙台Lにいるだろうか。仙台Lは今年辛うじて残留を果たした。そこに日本代表選手が残ってくれる気がしない。

 さて試合。日本のパスワークは序盤からノルウェーを翻弄していた。
 岩渕のドリブルをファウルで止めるしかなく、そのフリーキックが16分。横山がキッカーの位置に立っていて、はて、彼女がテクニカルな曲げて落とすようなボールを蹴る印象は全くないのだが、と思った。すると真っ直ぐの速いシュートが壁を避けてゴール右隅に突き刺さった。なるほどこう来たか、と日本先制。
 27分、長谷川のボールを受けた岩渕が左足シュートを決めて2-0。
 ノルウェーは繋いで運んで中央から攻めてきたが熊谷らがよく守って前半終了。

 後半はノルウェーがサイドからシンプルにクロスを上げて高さを生かす攻撃に切り替えた。後半が開始してしばらく日本はその対応に苦しんでいた。
 それが55分、中島のクロスに岩渕がワンタッチシュート。これで勝敗はほぼ決まった。
 63分には途中出場の籾木のミドルシュートがあって4-0とした。
 このまま零封すれば完ぺきだったが、81分ノルウェーにコーナーキック後ガウスダルに決められた。ノルウェー代表選手たちがとても喜んでいた。4-0で終わっていたらノルウェーはこの試合で得る所がなかっただろう。対する日本は反省点も得られた、とポジティブに捉えよう。

 点差ほど圧倒し続けたわけではなく、ノルウェーの攻撃をしのぐ時間も長かった。しかし、長身の欧州国と戦っても十分やっていけることを示した。
 それにしてもこの女子代表は不思議だ。Tournament of Nationsで3連敗したかと思えばこうした圧勝もある。W杯本番でどちらの目が出るだろうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本女子4−1ノルウェー女子 思わぬ快勝 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる