折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS 甲府0−0新潟 どちらにも痛い引き分け

<<   作成日時 : 2018/10/14 11:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 甲府は3連勝、新潟は5連勝中。新潟は知らないが、甲府の連勝にはバホスの復帰が大きい。ただ、好調となる時期が共に遅い。2チームとも勝ち続けなければプレーオフ進出が困難な位置にいた。

 試合開始直後は新潟優位。しかしその後甲府が盛り返した。どちらがサイドで優位に立つかという主導権争いだったように思われる。甲府のほうがライン際まで中盤を広げて外から中、中から外といったボールの出し入れがうまくいっていた。
 といっても惜しいシュートが多かったわけでもない。ラストパスのあたりで甲府のみならず新潟もミスが多かった。これだけミスが多いとJ1に上がっても厳しい(未来)と早野解説者が語っていた。話す順番がおかしい。まずミスが多いからJ1からJ2に落ちた(過去)のであり、ミスが多いからJ2でプレーオフ圏内にも入れない(現在)のである。

 甲府はバホスにボールを集め、新潟は戸嶋・渡邉らがシュートを放った。甲府は小出らが良い読みで攻撃を防ぎ、新潟はディフェンダー陣(よく知らないけど)が踏ん張った。

 0-0のスコアはリーズナブルである。リーズナブルだが痛い。
 新潟はプレーオフ進出が絶たれた。甲府も絶たれつつある。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
甲府0−0新潟 どちらにも痛い引き分け 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる