折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS 天皇杯四回戦 鳥栖3−0神戸 フェルナンドトーレス らららららーら

<<   作成日時 : 2018/08/24 18:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 ベストアメニティスタジアムは平日でありながら17361人を集めた。もちろんトーレス・イニエスタ対決を期待してのことだろう。NHK-BSがこのカードを選んだのもそのためと推定される。しかしこの二人はベンチスタート。
 気温は31.0℃だが暑さを感じさせないアグレッシブな試合になった。

 前半はむしろ神戸に好機が多かった。特にウェリントンのクロスバー直撃シュートは惜しかった。
 しかし先制は鳥栖。37分、右サイドから高橋秀のサイドを変えるロングフィード。それを受けた福田が左サイドを疾駆、そこに三丸がオーバーラップ。三丸がフリーでクロスを入れたらそれがオウンゴールを誘った。前半は1-0で終了。
 後半に入って50分、鳥栖に追加点。高橋義が後方からフィード。そこに抜け出した安在がゴールライン近くまで必死に走って追いつきシュート。2-0となった。

 56分、ここでウェリントンに代わってイニエスタ登場。やはりプレーのひとつひとつが違う。トラップもパスも正確、ボールを操る度に好機を演出。ポドルスキもミドルシュートを放っていたのだがボールは浮いて枠に飛ばなかった。
 64分、(久々に見た)豊田に代わってついにフェルナンド・トーレス登場。会場が盛り上がった。イニエスタとのマッチアップもあって堪能堪能。

 84分、左サイド奥でボールを受けた福田がターンしてマーカーをかわした。このターンが何がどうなってるんだという絶妙な回り方で、その後にフェルナンド・トーレスへパス。トーレスは針に糸を通すような、この空間でないとボールが通らない、という隙間を抜けていくシュートを放った。ボールはゴールネットを揺らした。
 フェルナンド・トーレス、鳥栖で公式戦初ゴール。フェルナンドトーレス らららららーら。スタジアムでは何度もトーレスのチャントがこだましたのだった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
天皇杯四回戦 鳥栖3−0神戸 フェルナンドトーレス らららららーら 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる