折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS 仙台2−2C大阪 ゴール前さえ固めれば良いのか

<<   作成日時 : 2018/07/29 12:51   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 試合終了直前に丸橋のゴールが決まり、仙台が勝ち点2を失ったゲーム。しかし、話はそう単純ではない。得点では何かしらの偶然が絡むことが多いが、失点にはなにかしらの必然がある。

 ユアスタの気温は26.1℃。三日前の大阪は30.8℃。大阪に比べればもちろん暑くはない。
 C大阪は鹿島戦から中二日。先発を7人代えてきたが、当然コンディション面の不安がある。鹿島戦ではホームにも関わらず、C大阪の選手たちは鹿島の選手たちよりも体が重そうだった。東北の涼しさはC大阪に味方しただろう。
 さて、コンディション面で不安がある側は、元気なうちに点を取ろうとする。C大阪は序盤から積極的にプレスをかけてきた。仙台はそれを受け損ねた。
 11分、丸橋のゴールでC大阪先制。

 丸橋は遠目からフリーキックを蹴った。それが直接ゴールに入った。通常なら、遠目のキックが直接入ったならゴールキーパーが悪いと思われがちである。しかし実際はどうか。
 通常、遠目のフリーキックに対する守備は、ペナルティエリアライン付近に、守備ラインを作る。直接放り込まれるのを防ぐために、ニア側に三人ぐらいで壁を作り、ファー側にはラインを作る。そのラインと攻撃側はオフサイドを巡って駆け引きをする。ありがちなのはキッカーがゴールキーパーとラインの間にボールを落として攻撃手が飛び出そう、とするものだ。
 仙台の守備は違った。ゴールの目の前にゾーンディフェンスを敷いた。
 ラインを敷く場合と違って、C大阪の攻撃手はゴール手前まで入れる。ボールが入ってくればGKの目の前でディフェンダーと競ることになる。GKの目の前だからGKは競る動きにつられる。つられてボールがそのまま入った。
 関の失点というよりも、特異な対応をした仙台ディフェンスの失点ではないか。

 失点後、時間が経つごとに仙台が押し返していった。30分、中野のクロスから西村が押し込んで同点。この場面の少し前に、右から蜂須賀の少し浮いたクロスに石原が合わせ損ねて怒った場面があった。中野はそれを見ていたのか、綺麗なグラウンダーのクロスだった。

 後半開始時もC大阪攻勢。しかし次第に仙台が押し返した。
 76分ハーフナーマイク登場。やはり高い。彼のヘディングは有効。彼を囮にした動きも有効。仙台の攻勢が強まった。
 84分蜂須賀の得点時の少し前、副審がオフサイドの旗を上げていた。まず右コーナーキックを永戸が蹴った。大岩がニアに走り込んでバックヘッド。このボールがゴール前に飛んで平岡と蛍が競った。この時、CKを蹴った直後の永戸はオフサイド位置にいた。競ったボールは永戸の位置に飛んできた。競った時にボールに触ったのが平岡ならオフサイド、蛍ならオンサイドである。副審は平岡と判断し旗を上げ、主審は蛍と判断しプレーオンだよと右手を動かした。ほとんどの選手がボールの行方を追って、副審が旗を上げるのを見ていた。サッカーでは主審と副審の判断が違う時は主審が優先される。蜂須賀のゴールはルール上、何も問題はない。問題はないが、C大阪の選手たちが怒るのは当然だ。判定は覆らない。仙台勝ち越し。

 さて、丸橋の同点弾を見よう。ジンヒョンの蹴ったボールは左サイドに飛んだ。ゴールライン近くで柿谷が受けて平岡がマークした。柿谷はペナルティエリア内左にいた丸橋にボールを渡した。
 丸橋はフリーだった。大岩、板倉、永戸がゴール前を固めていた。そこには山村と水沼が入り込んでいて2-3の状況を作っていた。富田が戻ってきた。彼は丸橋のマークにはつかず、ゴール前へ走り込んだ。平岡は間に合わない。かくて、人数は余っているのに丸橋がフリーの状況が出来上がった。
 奥埜が遅れて丸橋のマークに来た。丸橋はターンして左足シュート。奥埜の足にボールが当たったのだろうか、関は反応できなかった。

 ベガルタの1失点目と2失点目には共通点がある。ゴール前を固めて失点した。守備組織の構築は監督の領分である。守備時はゴール前を固めろ、という渡邉監督の指示が行き届いているのだろう。仙台はそのために失点した。
 監督が考えを改めない限り、こうした失点はこれからも続くだろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
仙台2−2C大阪 ゴール前さえ固めれば良いのか 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる