折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS C大坂0−2鹿島 昌子が怪我をするも鹿島完勝

<<   作成日時 : 2018/07/26 18:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 序盤から鹿島がC大阪陣内に入って好機を作っていた。サイドから持ち込んでボールを中に入れて、特に優磨の右サイドからの崩しが効果的だった。30.8℃と暑い中行われたのだが、アウェーの鹿島のほうがコンディションが良さそうだった。C大阪はどうにか中を固めて防いで反撃したが、クォン スンテのナイスセーブでこちらも得点ならず。
 前半もそろそろ終わるかという頃、足を伸ばしてクロスを防ごうとした昌子が足首を痛めた。41分に町田と交代。鹿島残留がアナウンスされていた昌子だが、ここで大怪我だとなぜ鹿島に残ったかわからない。軽傷であることを祈る。
 ちなみに鹿島ユース出身町田20歳の守備だが、特に破綻は無かった。

 その後、スンテも足を痛めるのだが大事には至らず。
 後半も鹿島ペースだった。57分優磨、60分土居のゴールが決まった。この二人は鹿島ユース出身である。金崎の移籍がなぜだろうと不思議がられているが、こうした鹿島ユース出身の攻撃手たちの中で、彼は居づらいものがあったのかもしれない。優磨と土居にしても、金崎の存在は、目の上のなんとかだっただろうか。いや、金崎は単に金を積まれて移籍したのかもしれないが。

 C大阪は高木、山村、ソウザと投入するが、惜しいオフサイド判定等があって得点ならず。鹿島完勝で終了。C大阪は先発を随分変えたようだが、フレッシュさがまるでなかった。そこは心配になるところだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
C大坂0−2鹿島 昌子が怪我をするも鹿島完勝 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる