折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS ここ四年間の日本代表はその前の四年間より弱かったという仮説

<<   作成日時 : 2018/07/22 14:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 私は現在でも2011〜2012年頃の、ザッケローニ率いる日本代表が歴代でもっとも強かったのではないかと思っている。それはデータよりも感覚的なものなのだが、アジア杯優勝後の日本はどこが相手だろうが負けそうな気がしなかった。それだけに震災の影響でコパアメリカに出られなかったことは残念だった。
 その後の2013〜2014年頃は日本代表の力が不安定で、ヨルダンに負けてベルギーに勝ったり(勝ってるんですよ)、不思議なところがあった。その後南アW杯で残念なことになり、アギーレ監督率いるアジア杯が残念なことになり、ハリルホジッチ監督となった。
 そしてハリル率いる日本代表よりザック率いる代表のほうが強かったなと思いつつ、ハリルの解任に至った。
 ザックの方が強かったなら、それはハリルの監督としての能力が低い、あるいは日本に合わなかったということではないか。そんな話があるかもしれないが、ことは単純でない。

2009-2010 長谷部、本田
南アW杯 日本ベスト16
2010-2011 長友、内田
2011-2012 長友、香川、本田、宇佐美
2012-2013 内田、香川
2013-2014 内田、香川、本田、宮市
ブラジルW杯 日本グループリーグ敗退
2014-2015 内田、香川、柿谷
2015-2016
2016-2017 香川、岡崎、清武
2017-2018 香川
ロシアW杯 日本ベスト16

 これはチャンピオンズリーグ本戦に出場した日本人選手名だ。つまりCLに出られるほどの強豪クラブにどれだけの日本人が在籍していたかというリストである。
 南アW杯ーブラジルW杯の時期のほうが、ブラジルW杯ーロシアW杯の時期よりも出場者が多い。なるほどいわゆる海外組は増えたかもしれない。しかしハリルホジッチ監督の時期は世界トップレベルの試合を体験している選手は少なくなっていた。
 その中で長友・本田・香川らの後の世代が追い越していない状況がある。個の力がこの4年間足りなかったのではないか。
 だから日本人選手たちは、単に海外ではなくより強豪のクラブに入り、そこでレギュラーを取ってほしい、そう思うのである。

 ひとつ考慮しなければならないことがある。ブラジルW杯で日本は勝てなかった。そのことが後の移籍に影響している可能性がある。
 W杯というのは選手の品評会でもあって、そこで勝った国には良い選手がいるに違いない、とスカウトも考えるものだ。だから惨敗したブラジルW杯の後、日本人選手はなかなか強豪クラブに入れなかったという背景がありそうだ。
 となれば次の四年間、日本人選手の強豪クラブへの移籍はより容易になる可能性がある。とりあえず柴崎がチャンピオンズリーグに出られるところに移籍したいと言っているので、その結果に興味を持っている。

 ところで、ベルギーは何人CLに出ているのかなと在籍クラブを調べてみた。次は日本戦のスタメン11人についての所属クラブ。

クルトワ(チェルシー)
フェルトンゲン(トッテナム)、コンパニ(マンチェスター・シティ)、アルデルヴァイレルト(トッテナム)
カラスコ(アトレティコ・マドリード)、ヴィツェル(天津権健)、ブライネ(マンチェスター・シティ)、ムニエ(パリ・サンジェルマン)
アザール(チェルシー)、メルテンス(ナポリ)、ルカク(マンチェスター・ユナイテッド)

 まあ、あれだ。
 日本が勝っていたら、とんでもない番狂わせと思われただろう。それは間違いない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ここ四年間の日本代表はその前の四年間より弱かったという仮説 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる