追悼、西城秀樹

 子供の頃、西城秀樹が好きだった。少年の私の目から見ても彼は格好良かった。マイクスタンドを振り回す仕草などずいぶん真似したものだ。
 分類するなら歌謡曲なのだろう。だが勢いよく歌い踊る姿は、後にロックンロールを参考にしたものだと聞いた。私が中学以降にビートルズに代表される洋楽を盛んに聞くようになったのも、西城秀樹の曲に親しんでいた影響があったからかもしれない。
 高校の頃、芋煮会で友人たちとYMCAを歌い踊ったのも懐かしい思い出だ。

 その西城秀樹の姿を生で初めて見たのは等々力競技場だった。川崎市在住であることが縁で、という。
 一度目に観たのは2009年6月20日、川崎F-大分戦川崎F公式)。「情熱の嵐」での迫力。そして多数のバックダンサーを交えて和気藹々としたYMCA。
 子供の頃の自分に、「君は将来、サッカー場で西城秀樹を見ることになるよ」と教えてあげたいものだ。きっと目を輝かせて喜んだだろう。

 二度目が昨年の川崎F-磐田戦川崎F公式)。
 西城秀樹は雨の中、車に乗って登場した。あれが彼を見た最後の姿だった。
 私はどうしてあんな豪雨の日にサッカーを見に行ったのか。仙台戦でも甲府戦でもないのに。そう思っていた。私は西城秀樹の最後のハーフタイムショーを見に行ったのだ。なんと有意義な一日だったことか。

 謹んで哀悼の意を表します。合掌。

この記事へのコメント

アイリス
2018年05月17日 20:13
ひできさんが亡くなってしまいましたね!! 残念ですね!! 私は、ひできさん時代では無かったけど、歌わ知って居ますよヤングマンとか傷だらけのローラーとか知って居ます!! でも本当まだ若かったでしたけどすんごく残念でしたね!! 御冥福を御祈り致します!!

この記事へのトラックバック