名古屋1-3湘南 名古屋降格に寄せて

 なにかの歯車が狂うとチームというのは坂を転がるように勝てなくなってしまうもので、
 転がり始めた理由や転がりを止める手段を語ることは実はそんなに難しいことではないのだけれども、転がっている最中にそれを止めるのは本当に難しいもので、
 なんでかというと中の人は外で冷静に見ているわけじゃなくて、一緒に転がりながら転がるのを止めようとしているのだから、外の人がほらあそこでああすればと言うのが中の人だと全然簡単じゃなくて、
 だから、こういうことは、オリジナル10だろうが、バックに大企業がいようが、資金力があろうがチーム人件費が高かろうが、起こり得ることで、

 でも私自身がベガルタ仙台とかヴァンフォーレ甲府とか、J2オリジナル10で、J1に昇格したり、J2に降格したり、またJ1に昇格したりという、そうしたクラブの試合を多く見ているからかもしれないけれども、
 東京ヴェルディとかジェフ千葉とかオリジナル10どころかJリーグ以前から名門と言われたクラブがJ2に降格した試合を直接見ているからかもしれないけれども、
 J2に降格したことは情けなくて恥ずかしいことかもしれないけれども、あり得ることが起きたということで、
 クラブが無くなるわけじゃないんですから、これでこのクラブのサッカーが終わってしまうわけじゃないんですから、
 いろいろ出ていく人の報道が出ていますけれども、残った中の人は泣きながらでも次を考えなければならないし、
 応援している人は、応援しているクラブがまだ目の前にあるんだということをまず思い起こせばいいのかなと思います。

 湘南ベルマーレは名古屋グランパスが優勝を決めた時の相手で、その相手に降格を決められたという偶然を思い出している人がいるようですが、
 湘南は名古屋よりも先に降格が決まっていて、その湘南が全力を出してこの名古屋と戦ったということに何か意味があるのではないのかと、
 降格したって試合はあるんだと、戦いがあるなら戦わなければならないと、
 それにこの最終節に活躍した湘南の山田直輝という選手はかつては浦和の将来を担うと言われ日本代表にもなって、でも大怪我をして、そうした選手が復活してかつてのような素晴らしいプレーをした、
 いや、個人と団体は違うと思うかもしれませんが、
 サッカーを諦めなければ、またいいことがあるかもしれません。

 J2に落ちようが、サッカーはそれでも続きます。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック