イラク1-2サウジアラビア サウジって強いのか?

 イラクホーム扱いの試合だが、イラク国内ではまだ国際試合はできないということでマレーシアのシャー・アラムで行われた。
 18分にイラクのアブドゥルラヒームが先制ゴール。クロスを受けてトラップ一発でマーカーを外してファーサイドに決めたもの。高度なシュートだ。
 それ以後もイラクが攻め続け何度も決定機を得た。しかし決まらない。打っても打っても決まらない。攻めても攻めても決定力を欠く日本代表のようで、同情を禁じ得なかった。
 しかしサウジはそもそも攻撃らしい攻撃がなく、70分くらいまでこれはイラクが勝つだろうという流れだった。

 その後、イラクの足が止まった。イラクはリオオリンピック世代の代表選手が多いという。若いから走り続けられるとは限らない。若いからかえってペース配分が狂ったのかもしれない。
 サウジアラビアの得点は2点ともPKによるもの。タイ戦の得点もPKであり、審判に助けられたのではないかと見る向きもあるようだ。
 タイ戦のPKはタイ選手が体を入れたらサウジの選手が足に引っかかった(かのように)倒れたというもので怪しいところがあった。しかしこのイラク戦の2点は怪しくない。1点目は足払いだし、2点目は後ろから押されたものだ。
 特に2点目は味方のディフェンダーがサウジ選手の目の前にいて、そこで倒さなくても失点を防げそうな状況だった。

 若さか。若さと愚かさは紙一重。イラクは攻め急いで自ら転び、勝てるゲームを落とした。日本代表はそのイラクと10月6日にホームで対戦する。
 一方のサウジとは11月15日。ここまで2連勝と言われれば強敵のようだが、タイにもイラクにも、負けておかしくなかった。それほど強そうには見えない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック