G大阪1-0広島 阿部一閃

 前半はボールを持っていたのはG大阪だった。しかし前半のシュートは2本くらい。暑さの中、ボールを持っても前の動き出しが少ないから効果的な攻撃にならない。長身の長沢がワントップだったのだが、可哀想なくらいボールが飛んで来なかった。
 一方の広島は奪ってからの攻撃が速い。ミキッチが森崎和が、効果的にボールを運びあるいは配球してシュートに持ち込んでいた。うまくやっていたのは広島のほうだった。

 G大阪は後半開始から長沢に代えてパトリック。それに長谷川監督が何を言ったのか、動きが明らかに変わってきた。動いてボールを引きだしてシュートに持ち込もうとしてきた。
 52分、阿部がミドルシュート。ボールがシュートに打てるところにこぼれてきたのは偶然もあるのだが、積極的に攻撃をしていたからこそ偶然がガンバ側に運があるほうへ転がったのだ。阿部のシュートはボールからストライクになる軌道を描いてゴール右隅に吸い込まれた。

 そこからは広島がなんとか点を取ろうとするが、G大阪の守りが堅い。ウタカは、どうにかこうにか辛うじてだが、G大阪ディフェンスが抑えきった。シャドウの柴崎は存在感が無かった。
 結局、G大阪勝利。宇佐美が去り、パトリックの調子が上がらない中で、阿部一閃の一点を守りきった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック