浦和3-2F東京 まさかの大逆転

 F東京が2点を取って前半を終えた時にはこのままF東京が勝つものだと思っていた。
 浦和は前と後ろが乖離して、前はボールください、後ろはどこに出せばいいの状態だった。F東京はついにムリキがフィットして無双状態。浦和を呼び込んで裏、が嵌っていた。

 後半に入ると、どこを修正したのか知らないが、浦和のビルドアップがスムーズになっていた。そして3連戦2戦目のFC東京が、5連戦4戦目の浦和よりも先に足が止まった。F東京は浦和の攻撃にチェックがかけられないようになっていた。簡単に言えば、ボールを持っている浦和の選手と、それをマークするF東京の選手の距離が空いてしまった。浦和は好き放題にゴール近くでボールを回せるようになった。

 そんなわけで大逆転。
 なんでこんなことになったのだろう。浦和はターンオーバーをしたわけでは全くない。浦和は4戦目まで来て、却って連戦に慣れてきたのだろうか。
 それとも順位通りで、今年のF東京はよっぽど弱いのか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック