甲府0-2柏 柏が隙を突いて得点し押し切る

 試合開始直後は甲府が攻めた。今年の甲府は攻められる時にはボールを握って積極的に攻めている。クリスティアーノのフリーキックがバーというかポストというか枠の角を叩いた。あれが入っていたらこの試合はどうなったのだろう。
 しかし先制点は柏。12分、田中順のクロスがファーの武富にぴたりと合いシュート、GK河田が防いだところにオリヴェイラが押し込んだ。田中順の位置が遠目でディフェンダーからのプレッシャーも受けていたので、これほど正確なクロスが飛ぶとは思わなかった。吃驚した。
 ファーストチャンスをものにした柏はその後にボールを握った。柏優位で前半が過ぎた。

 後半頭から甲府は福田に代えてチュカ。前からボールを追って攻撃しようとするが柏は落ち着いてボールを回した。
 甲府がなかなか攻めきれずにいると、70分、元甲府の伊東純が右サイドを突破。甲府ディフェンスは3人が集まってきたが止められず。伊東純がボールを中に入れた所にまたオリヴェイラ。2点目。
 伊東純はボールを持つ度に甲府サポーターからブーイングを受けていた。しかし、しっかりとここで恩返し。

 この展開だと甲府が攻めあぐねるだろうな、と思っていたら案の定攻めあぐねて0-2のまま試合終了。
 好調の上位クラブに先に点を取られると甲府は厳しい。一方の柏は5連勝で4位に浮上した。


 5/5に大宮アルディージャのサイトを見たらニッコニコの佐久間監督が出てきて驚いた。2007年9月1日埼玉ダービーのハイライト映像を5/8浦和戦宣伝のために流していた。現甲府監督の佐久間氏は当時大宮の監督だった。結構、感情を露わにする人なのだ。
 なお今日(5/6)大宮のサイトで流れているのは2012年埼玉ダービーの映像に変わっている。当時の鈴木監督は佐久間監督と違って冷静だった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック