マナウスで試合をするとその後にどうなるか

 オリンピックで日本代表はグループBと決まった。
8月5日(金)10:00 対ナイジェリア マナウス
8月8日(月)10:00 対コロンビア マナウス
8月11日(木)7:00 対スウェーデン サルバドール
(日時は日本時間)

 さて、相手国の情報については識者にまかせよう。ここで取り上げたいのは、熱帯アマゾン地域のマナウスが2試合入っていることだ。ちなみに現地ではマウスのナを強調して発音するとのこと。
 熱帯であるだけに暑く、試合は現地時間21時に行われる。21時開始だと気温はともかく生体時間的にどうなのかとそちらも気になるところだ。

 さて、ここで試合をすることがどれほど過酷なのか。それを実例をもとに調べてみることにした。ブラジルW杯では4試合マナウスで試合が行われている。ここで戦った国がその後どうなったか見てみよう。

グループA第二戦(マナウス)
 カメルーン0-4クロアチア
グループA第三戦
 カメルーン1-4ブラジル
 クロアチア1-3メキシコ

グループD第一戦(マナウス)
 イングランド1-2イタリア
グループD第二戦
 イングランド1-2ウルグアイ
 イタリア0-1コスタリカ

グループE第三戦(マナウス)
 ホンジュラス0-3スイス
決勝トーナメント一回戦
 スイス0-1(延長)アルゼンチン

グループG第二戦(マナウス)
 アメリカ2-2ポルトガル
グループG第三戦
 アメリカ0-1ドイツ
 ポルトガル2-1ガーナ

 マナウスで戦ったチームの次の試合は1勝6敗。
 この結果を見れば解説は不要だ。

 ちなみにマナウスで戦った8カ国のうち決勝トーナメントに進んだのはスイスとアメリカの2カ国。
 どちらもトーナメント一回戦で敗退している。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック