大宮0-0鹿島 大宮の先祖がえり

 出だしは互角というか、どちらも持ったら速い攻撃をしかけていた。だが次第に鹿島のポゼッション、大宮の守りという展開になった。
 大宮はベルデニック以前に戻ったようだ。ムルジャ、家長という卓越した攻撃手がいるのだがほとんどの時間専守防衛。どこかでどうにかして1点を取って守りきるサッカーだ。

 前半は守りながらも余裕のあった大宮だが、後半は結構危なかった。鹿島の裏狙いを警戒して最終ラインが下がり過ぎた。それで最終ラインの手前から何度もシュートを打たれていた。加藤順大が何度か好セーブを見せていたが、ゴールキーパーが目立つのは良いサッカーではない。

 これで大宮が本当にどこかで1点を取って勝ったのなら、鹿島を術中に嵌めたということになるのだろう。しかしボールを奪う出発点が低すぎるので鹿島ゴール前に運ぶだけで一苦労。それでもいくつか好機は作った。だが鹿島もさるもので攻めかかっているようで裏のケアは忘れない。大宮のカウンターは最終的に潰された。大宮の後半シュート数ゼロ。

 というわけで鹿島が勝ってしかるべき試合のようにも思えたが結局大宮が守りきってスコアレスドロー。見応えはあるが面白いとは言い難い一戦だった。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック