U-23 日本1-0北朝鮮 勝ったのはよかったとして

 うまくないな、と思った。わかりやすく言えば下手だなと。
 この日本のU-23代表選手達はプレッシャーがないところでもパスをつなげられない。芝に慣れないとかボールに慣れないとかもあるのだろうが、それほど酷い芝にも見えなかった。単にパスの精度が低いのではないか。
 下手なのはパスだけではなく、守備もだ。ファウルでないと止められない。体を当てる技術、体を入れる技術、ボールを奪う技術が低い。だから何度も危ない場所でフリーキックを蹴られる羽目になった。
 日本がテクニックで上回れないなら、体格・パワーで上回る北朝鮮に苦戦するのは当然である。

 調子の良い選手、悪い選手もはっきりしていた。
 一番の発見は中島で、ずっと自己中心的なところがあるドリブラーだと思っていた。間違っていた。彼のキープ力で日本はどれだけ助けられたか。日本が苦しい時間に貴重な時間を作ってくれた。
 久保はシュートこそ入らなかったが攻撃的な良いプレーを出していた。武蔵はそれほどシュートがうまい選手ではないのであんなものだろう。
 酷かったのが南野。彼にボールが出ると、その次の瞬間には目を覆うばかりの凡プレー。いったいどうしたのだろう。どこか体でも悪いのかよっぽど暑さに弱いのか。
 山中・室屋の両サイドバックはアグレッシブで頑張っていた。岩波・山中のセンターバックも頑張っていたのだろうが北朝鮮のパワープレーに苦戦していたので今ひとつ。
 遠藤・大島のボランチは守備に奔走する時間が長く、良さが出ていなかった。

 前半5分、植田のゴールで辛くも逃げ切った。
 植田はあの時、どどどどどフリーだった。北朝鮮のマーキングはどうなっていたのか。北朝鮮の12番がボールを見ながらただ突っ立っていたのが印象に残った。ひとりでもあんな選手がいたら、ひとりはフリーになることになる。
 北朝鮮の選手達のシュートミスにも助けられた。肝心なところでフリーにした守備陣と肝心なところでシュートをミスする攻撃陣。勝ったのだからそんな北朝鮮よりも日本がわずかに上回ったということだろう。
 オフサイドになったゴールは明確なオフサイド。審判が割に細かくファウルを取っていたのも印象に残っている。
 
 勝ったのはよかったとして、これからの試合が不安である。
 長いボールを出しているのに押し上げが無いから中盤の人数が足りなくなっている、と解説者が指摘していた。そのあたりはこれから手倉森監督が修正するのだろう。
 それはそれとしてもどうもこの世代は、そもそも個々の力が全然足りないのではないかという疑念が晴れないでいる。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック