年末の挨拶

 とある有名ブロガーさんがブログを続ける方法というのを書いていたのでどれどれと思って読んでみたら仲間が大切だと書いてあった。
 ブロガー同士で切磋琢磨したり励ましあったりするのが活力になるらしい。メジャーなブロガーさんは違うものだと素直に感心した。
 私はブロガーとしては誰とも交流していない。私が水谷秋夫ですとサッカー場で名乗ったことなど無い。正直、面倒くさい。切磋琢磨も励まし合いもない。そんなものいらない。
 このあたりが有名ブロガーと無名ブロガーの違いなのかもしれない。

 さてサッカー界では今年、私の嫌いな2シーズン制が復活した。だがいくら反対論者がブログで反対しても無力だ。さらに頭が痛いのは、2シーズン制を推し進めた側が作文をしようと思えば、2シーズン制が成功したといくらでも書けることだ。お客さんは来ているし、地上波でも放映されたし、いい試合だったし、なにしろ儲かっている。
 2シーズン制になってつまらなくなったといくらここで書いても、誰にも取り上げられることはない。繰り返すがまったく無力だ。埼スタで弾幕を張っている人のほうがマスコミに画像が出る分だけよっぽど力がある。
 といっても、思うところを書かないのだったら、ブロガーをやっても意味はない。
 2シーズン制は一例だが、明日世界が滅ぶとしても、今日の世界について思うところを書いていこう。まあ、そういうことでやっている。

 サッカーを見ればなにかしら思うところはあってそれを文章化していく。自分がやっていることはとてもシンプルだ。だがシンプルであるだけ読む人の都合を考えない身勝手なものでもある。
 有名人であるわけでもなし、このブログは読みたい人が読んでくれればいいと思っている。けれども、それで平均して100ほどカウンターが回り、30人くらいは何を書いても読んでくれる常連さんがいるらしい。
 私としてはもうそれで十分だ。身勝手なブログに付き合ってくれる人がそれだけいてそれ以上何を望むのかと。
 J1の優勝争い、恐らくは日本サッカー界最大の話題をこの一年間無視した文章を書いてきたけれども、それを読んでくれる人がこれだけいたというのはなんとありがたいことだろう。

 個人でやっていることはいつか必ず終わる。このブログもいずれそうなる。続けることに意義があるかどうかなどわからない。
 ただ、サッカーはわからない。どう書いていいかわからない。だから書いている。それが最大の動機になっている。読者がなぜこんなブログに付き合ってくれるのかわからないけれども。
 30人くらいの常連さんに、何がうけているのかわからないピン芸人みたいな。

 読んでくれてありがとう。
 たぶん来年もこんな感じでやっていきます。



 次回更新は1月3日以降になります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

常連のひとりです
2015年12月29日 19:55
はじめまして。
水谷さんの視線と文がしっくりきたり、長い間 勉強になったりして、ほとんど必ず読んでいます。
今頃になって言うのもなんですが、
こちらこそ ありがとうございます。
水谷秋夫
2016年01月03日 15:20
常連のひとり様
はじめまして。
交流は面倒くさいとか書いておきながら、反応があると嬉しかったりします。矛盾しているのはわかっているのですが。コメントありがとうございます。
今後ともよろしくお願い致します。

この記事へのトラックバック