広島5-0湘南、浦和5-2神戸

広島5-0湘南 もう広島優勝でいいだろう

 ドウグラスハットトリック。年間21得点で大久保に次ぐ2位。
 佐藤寿人、通算157得点。中山雅史のJ1通算最多得点記録に並ぶ。
 キャプテン青山は彼らしくミドルシュートをゴール左隅に叩き込む。
 守っては林卓人が好セーブ。昨シーズン広島に来たばかりの頃は繋ぎのポカが目立っていた。しかし二年目の今年は良い意味で目立たなくなり、広島の守備をますます強固にした。
 甲府から移籍した柏が途中出場。同じく甲府から来た佐々木は先発に名を連ねたが、彼らにしてもレギュラーは確約されない層の厚さ。
 ミキッチの右サイド突破は35歳になっても衰えを知らない。進境著しい浅野も途中出場で湘南ゴールを脅かした。
 エディオンスタジアムは33,210人の満員。素晴らしい雰囲気を作っていた。これは広島サポーターの勝利でもある。
 というわけで、もういいだろう、今シーズンは。広島優勝で十分ではないか。なんでこの先、面倒くさいトーナメントをやらなければならないのか。


浦和5-2神戸 よくわかんないトーナメントで頑張ってください

 浦和は浦和で快勝。
 開始から13分間で電光石火の3点はお見事。武藤は今季これで13点目で浦和の得点王(興梠が12点)。シーズン当初は試合に出られるかどうかも危ういと思っていたのだが、大したものだ。来年はぜひJ1得点王を目指してほしい。今年得点王の大久保が23点。それくらい取れるようなら日本代表にも入れるだろう、たぶん。
 鈴木啓太が引退という。オシム監督の代表の頃は中盤の底で獅子奮迅の働きだった。真っ先に思い出すのが、ドリブルで持ち込んだシュートだったりする。何よりも啓太らしくなくて印象に残っている。
 神戸も2点をあげて追いすがったが青木拓のシュートがいい時に決まった。大宮が呼びもどすというニュースが出ているがどうするのだろう。
 浦和は年間2位で終了。まずはよくわかんないトーナメントでG大阪と対戦する。


 トーナメントがよくわからないのではなく、リーグ戦の価値がよくわからないという話であろうか。
 ともあれ出場するみなさん、頑張ってください。一応、テレビで見ます。もちろん。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック