女子W杯決勝 日本2-5アメリカ 完敗の熱戦

 完敗なんで何を書こうかと思うんですけど。
 例えば16分間の4失点についてこれがどうだったあれがどうだったと書いてもいいんですが。
 やっぱりくじ運に恵まれた準優勝だったねと斜に構えてもいいのですが。

 面白かったんですね、この試合。
 0-4までは見ていて茫然自失ってところがなくもなかったんですが、その後が面白かったです。
 もしこの試合を録画していて、日本が負けたから見ていないという人がいたら、ぜひ見ることをお勧めします。

 試合として面白いです。いや、勝負として面白いかもしれない。
 日本もアメリカも、後半アディッショナルタイムまで真剣なんです。
 もう必死こいてボールを追っかけてるんですね。

 3点差? それが何、っていう感じで。
 いや、どちらも3点差なのは知っているんでしょうが。
 日本は何としても追いつくと本気だし、
 アメリカはちょっとでも緩んだら3点差などあっという間に詰められるとでも思っていたようで。
 一所懸命なぶつかり合いが最後まで続きました。

 いや、いいゲームでした。
 こんないいゲームで日本が勝てなかったのが残念です。

 これから?
 この試合を見て本気で残念がった少女が次の世代を担うでしょう。

この記事へのコメント

サカタ@カナダ
2015年07月08日 15:29
ほんとですよね。あの4点がなかったら最高に面白い試合だったな。バンクーバーのパブリックビューイングで見ていた観戦記を書いたので、よかったら見てください。
【女子ワールドカップ】決勝:さようならチャンピオンたち
http://tomosakata.blogspot.ca/2015/07/blog-post_5.html
水谷秋夫
2015年07月08日 21:29
サカタ@カナダ様
拝見しました。娘さん、良い体験しましたね。

この記事へのトラックバック