U-22 日本2-0コスタリカ 日本がしぶとく勝つ

 この試合はユアスタで行われた。
 手倉森監督は長くベガルタ仙台のコーチ・監督を務めていた。ベガルタサポーターそれぞれにはそれぞれの思い入れが手倉森氏に対してあるだろう。
「恩返しをしたい」と手倉森氏は言っていたそうである。 
 私個人としては、そんなに気を使わなくていいから自分の仕事を全うしてください、と思っている。

 コスタリカは強敵だった。遠方からのアウェー戦であるから走った距離は今ひとつだったが、ひとつひとつのプレーの質は高かった。日本にボールを預けていても、虎視眈眈とゴールを狙うという趣だった。また、怪我をさせない程度にラフなプレーだった。実際の予選でもあんなプレーは多いだろうから良いシミュレーションになっただろう。

 あとは印象に残った日本の選手についていくつか。

GK 櫛引政敏
 前半に一対一を止めた場面があって、どうやって止めたのかリアルタイムではわからなかった。見直したら、シュートを打つコスタリカ選手の体が伸びきっていた。真っ当な姿勢で打とうとすると櫛引にボールを取られそうだから、彼はもっと早いタイミングで打つしかなかった。それで不正確なシュートになった。つまり、櫛引の立ち位置が良かった。

DF 植田直通
 以前よりも闘志の出し方が良くなって無駄なファウルが減った気がする。

DF 亀川諒史
 日本に亀川ありを知らしむる働きぶり。

MF 野津田岳人
 急角度で落ちるフリーキックも魅力だし、ピンポイントで合わせた先制点もお見事。広島で日に日に成長している姿を見せることが出来た。

MF 中島翔哉
 FC東京ではレギュラーでない。もったいないからどこかに移籍したらどうだろうか。

MF 前田直輝
 日本に前田直輝ありを知らしむる(以下略)。

FW 金森健志
 シュートの前の目線の移動を松木解説者がほめていた。本当にそれがフェイントになっていたかどうかは知らない。

FW オナイウ阿道
 ゴールよりもアシストを狙っていたような気がする。見た目の迫力も才能の内だから囮役には最適だろうが点を取りそうな気がしない。

MF 遠藤航
 攻撃の起点になるし、ここという時にはゴール前に出てくるし、危ない所ではファウル覚悟でつぶす。U-22はすっかり遠藤航のチームになっている。
 もちろん、ファウルにせずに奪える技術が見につけばなおのこと良し。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック