日本4-0イラク 日本強いね

 まずイラクってもっと強かったよなと思って。
 いや、ドーハの悲劇とか優勝したアジア杯とか以前のイラクの話をしているのではなくて、この間のベスト4まで行った今年のアジア杯のイラクはもう少し強かったよなと。
 まあ、ベスト4にいけたのは、イランが勝手に10人になってくれたおかげではあるんだけど。
 ともあれ日本はアジア4位相手に好き放題できたのだった。

 前半の体力があったときはすごくて。
 イラクも前から追ってきて、最終ラインは苦労したのだけれど、そこを抜けると中盤のプレスがなくて、隙を見て柴崎の裏取り長めパスが面白いように本田に通った。1点目。
 2点目の槙野もほめてあげよう。ほらなんだかうざったい奴なんだけど。
 宇佐美のドリブルも効果的だったし、その宇佐美から岡崎へのスルーパスも新たなホットラインという感じでいいんではないかと。

 後半はさすがに疲れたけれども、イラクももっと疲れてたし、守備の不安はほとんどなくて。
 いや、酒井宏がおバカしたり川島が飛び出した場面もあったが、総じて問題なかった。内田不在の右サイドはちょっと不安。左サイドは長友が復活して来たようで守備面は良かった。でも長友、クロスの蹴り方を忘れたかもしれない。
 そんなわけで岡崎・本田・宇佐美は素晴らしい。香川もいいと思う。思う、という単語は少し自信がない時に使われる。でも槙野の得点も香川のコーナーキックから生まれたのだし。香川もキックが上達したようだ。
 原口が初ゴール。元々才能はあるのだが、精神面でムラがあった。外国で苦労して成長したかな。短い時間しか見ていないからまだわからないけど。
 こいつ誰だっけ、と思った谷口彰悟もそのうち代表で見慣れてくるのだろうか。

 そんなわけで安心した。この日本なら2次予選くらいで苦労することはあるまい。無問題。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック