徳島0-0G大阪 徳島の見事な最終戦

 この試合では徳島が、というか、小林監督がどうやってG大阪を抑えに来るか、という点を中心に見ていた。
 徳島は特別なことはしていなかった。ベタ引きはせず、チェックが激しかったわけでもなく、それでいて90分間守りきった。

 徳島の好守の切り替えは速かった。
 宇佐美の前にスペースを与えないこと、パトリックをフリーでヘディングさせないこと、それを徹底していた。
 主に4-1-4-1のフォーメーションだったようだが、ボランチの斉藤が時にはバイタルエリアを埋め、時には最終ラインに入り、ゴール前をしっかり固めていた。
 ボールを持てばシンプルに縦にボールを入れ、エステバン、大崎らを経由し、サイドに開いてからボールを中に入れてきた。G大阪も切り替えが速くゴール前のスペースを埋めてきたので、それはなかなか奏功しなかった。

 後半開始直後にG大阪のゴールネットを揺らしたがオフサイド。テレビ画面で見ていても明らかなオフサイドだった。だが、現場にいたサポーターには、座席位置によってはそれがわからなかっただろう。G大阪サポーターの多くがひやりとしたに違いない。
 今野がミスして徳島が前でボールを奪った場面もあった。あわや、と思ったが得点には至らなかった。
 後半途中からはG大阪が押し込むものの、パトリック目掛けた単調な攻めが多くなった。あれでは却って点が入りにくい。やはり勝てば優勝、という状況では焦りが出てきたと見える。
 徳島は勝てはしなかったが、最高のパフォーマンスを見せた。毎試合こんな試合が出来たのなら最下位にはならない。最終戦、ホーム、相手は優勝争い、そうしたものが普段以上の力を出させたのだろう。

 浦和も鹿島も敗れてG大阪の優勝が決まった。
 そちらはまだ見ていないからわからないが、追いかけるほうも緊張したのだろうか。

 ともあれ、G大阪、優勝おめでとう。
 徳島には捲土重来を期待する。この試合で出来たことを、次に上がってくる時にはぜひ34回続けられるように希望する。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック