アジア大会 日本1-3イラク 力負けというか日本シュート下手糞

 前半が終わった時点で、1-1の同点だった。イラクの得点は室屋のプレゼントパスから。日本の得点は中島翔の素晴らしい抜け出しから。
 同点だが、ハーフタイム中はイラクの方が強いと感じた。
 ポゼッションはイラク。それがボールを持っているばかりではなく、押し込んだ上で日本よりも決定的な好機をイラクは作り出せていた。

 イラクの2点目は、室屋と岩波両センターバックの位置がまずおかしかった。室屋が前で、岩波が後ろ。揃っていない。岩波が室屋の位置ならオフサイドにかけられたし、室屋が岩波の位置なら簡単に裏を取られることはなかった。
「何やってんだ、このふたり」
 もちろん、責任はマークを外した室屋にある。
 イラクは勝ち越してから、ポゼッションからリトリートに切り替えた。すると様子が変わった。この日本代表は好機を巧みに作れる。相手が引いていても決定機を何度も作ることができた。

 その後が腹立たしかった。
「この馬鹿」
「下手糞」
などと罵倒語を並べながら見てしまった試合は久しぶりだ。

 中島翔はハットトリック出来ただろう。
 それを含めて、わざと外しているのかというシュートがこれでもかこれでもかと。
 ここというところでのパスミストラップミス判断ミスもてんこもり。
 イラクのゴールキーパーはキャッチングに難があったので、シュートが枠に行けばチャンスと思っていた。
 だがボールはゴール前から空に向かって蹴るためにあるのではない。

 イラクのフリーキックは素晴らしかった。あの瞬間は敵ながら美しいと思った。

 日本? 美しさもへったくれもない。下手糞が下手でなくなるように練習しよう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック