日本女子5-0ガーナ女子 後半もそれほど悪くなかった

 前半5得点で後半0点なのだから、前半は素晴らしかったが後半は大したことがなかったという声が多いようである。阪口・宮間がいないと駄目じゃないかと。
 そうでもないだろう。前半のガーナのゴールキーパーはレベルが低かった。日本の4点目(長船)と5点目(中島)はGKのミスだ。一方、後半のガーナGKはレベルが上がった。前半のGKなら入っていただろうシュートが2本はあった。後半のほうが背番号1だから、こちらがレギュラーではないか。
 また、後半のガーナは割り切って守備に人数をよりかけて来ていたので、攻められる空間が狭かった。日本は一度ミスから危ないカウンターを受けかけたが、後半の危機はそれ一度きりだった。

 とは言ってもガーナ女子代表自体があまりレベルが高くない。そのなかで後半に攻めあぐねてしまった印象は残った。猶本は優れたセンタープレーヤーだと改めて感じたが、0点で終わると世間の評価が低くなる。次は宮間と組んだり阪口と組んだりした姿を見たいと思う。
 前半の日本の中では2得点の高瀬が印象に残った。これまでは代表に出てきても無理にシュートに行って枠に飛ばないイメージが強かった。それが1点目はGKを見てループシュート。2点目は右足アウトにかけたテクニカルなシュート。良い意味で代表でも力を抜いてプレー出来てきたのだろうか。

 アジア大会中国戦が終わっているが、こちらの感想は後日。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック