ザッケローニ監督は何を間違えたのか 本文

 日本代表の敗北については、様々な原因が取りざたされている。
 例えば、コンディション。調整を間違えて、本番以前にピークが来てしまったのではないか。涼しいイトゥから暑い遠く離れたサッカー場へ行くのは無理があったのではないか。
 あるいは、調整試合の相手に強豪を加えたほうが良かったのではないか。現状の問題をあらわにして対策を取った方が良かったのではないか。
 そうかもしれない。あるいは、それほどの影響はなかったのかもしれない。判断がつかないので、これらの話は棚上げする。ここではW杯本番の試合、特に初戦のコートジボワール戦に絞って書く。

 日本戦でのコートジボワールは強敵だった。思っていた以上に、強力な個に日本は圧倒された。いま書いた、思っていた以上に、の思っていた人は「私」だが、「監督」も「スタッフ」も「選手」も同様に感じていたのではないか。
 日本は圧倒されて攻撃が機能不全に陥った。
 まず第一に、本田が全然ボールをキープできなかった。本田のパスも通らなかった。余談だが、本田が点を取ったことで、この試合の選手達の採点をする際にやたらと本田を高く評価している人がいた。その人は私と違うゲームを見ていたとしか思えない。ともあれ、本田がボールを持てないと、この代表は全く攻撃が機能しない。
 第二に、よくマスコミを通じて解説されているが、日本の左サイドが攻められた。日本の主な攻撃手段である、長友―香川のラインが機能しなくなった。
 これらの点を考えると、コートジボワールは日本をよく研究し、そのストロングポイントを潰すことに成功していたことがわかる。スカウティングの面でも日本は負けていた。相手のほうが強かったのだ。

 相手のほうが強かったからといって、あっさり負けてよいという話はない。ましてやこの試合は1点先行していた。圧倒されても、守り切れれば勝てた。
 本田にボールを預けられず、左サイドが圧迫されているなら、そこを手当てしなければならない。これまでの経験で、本田を代えるという選択肢はない。調子の悪い本田でも、いないよりいたほうがマシだ。手当てするなら左サイドだ。
 そこでザッケローニは香川を下げ、香川よりも守備力のある岡崎を左に回し、右に大久保を入れた。
 ただし、ギリシャ戦で。

 序文で、ザッケローニ監督はレギュラー選手の入れ替えに消極的だったと書いた。柿谷・大迫・山口蛍・森重らを起用するようになったのは2013年7月の東アジア杯以降。大久保は本番直前までほとんど無視された。また、ザッケローニ監督はひとつの試合の中でも交代の判断が遅い傾向があった。
 これらの判断の遅さは必ずしも悪いことばかりではない。動かないで我慢することで成功することもある。
 しかし、次の試合で対策を打つのではあまりにも遅すぎる。これはシーズンの中で一敗を取り返せばいいクラブチームのリーグ戦ではない。初戦の一敗が致命傷になるW杯のグループリーグなのだ。

 ザッケローニ監督は優秀な監督である。素人のサッカーファンがテレビを見ていて気付いたことぐらい、彼にはわかっている。もっと深いことも考えていただろう。しかし、コートジボワール戦でザッケローニ監督がしたことは、香川を下げて岡崎を左に回すことでも、今野を左サイドバックに入れて長友を左サイドハーフに上げることでもなく、長谷部を下げて遠藤を入れることだった。
 長谷部は怪我明けで、90分プレーすることに不安があった。交代は予定の行動だっただろう。しかし、今回のW杯で遠藤が目立った良いプレーをすることはなかった。ザッケローニ監督は3戦目で遠藤を起用しなかった。1戦目や2戦目ではなく。ここでも判断が遅い。

 遠藤が左ボランチに入ったことで左サイドの守備力はさらに落ちた。
 そして62分にドログバが入ってくる。1失点目は64分、2失点目は66分だ。
 ドログバに気を取られていた日本ディフェンスはボニーとジェルビーニョに点を取られた。そのディフェンス陣の判断の誤りについてはさんざん語られているからもういいだろう。
 私はその前に、二度とも、コートジボワールの17番、オリエにフリーでクロスを打たれていることを問題にしたい。オリエがフリーでなければ、オリエの目の前に日本代表の誰かがいれば、オリエはクロスを入れられなかったかもしれない。仮にクロスを入れられたにしても、抜いてクロスなり切り返してクロスなり何かをしなければならない。何かをすればクロスの精度は落ちる。斜め後ろからのクロスだから20センチずれても点が入る確率は格段に下がる。
 あの位置は通常なら香川がケアするところだ。しかし1失点目は遠藤が一番近くにいて、後から寄っていったが間に合わなかった。2失点目は香川が一番近かったが、間に合わなかった。
 もしギリシャ戦での選手入れ替えを、遠藤投入のタイミングでやっていればどうだったか?

 実を言うと、岡崎を左に回して、というのは、ギリシャ戦のスタメンを知っているから、いま書いているのに過ぎない。後付けの理屈だ。コートジボワール戦の後半、あるいはその後に私が考えていたのは全く別の事だ。
 長谷部の代わりに入れたのが、遠藤ではなく細貝だったら?
 危機管理能力の高い細貝が入っていたら、2失点は防げたのではないか。勝てたかもしれないし、少なくとも引き分けに出来たかもしれない。

 細貝はなぜいなかったのか。ザッケローニ監督が23人に選ばなかったからだ。
 細貝は大久保とトレードオフだった。細貝と大久保を二人とも選ぼうとしたら、齋藤が抜けていただろう。
 細貝を外した時、ザッケローニ監督は何と説明したか。「攻撃的に」だ。

 2013年、日本代表はコンフェデレーションズカップで3連敗し、セルビア・ベラルーシ戦の遠征でも2連敗していた。そこでは日本代表の守備が不安視されていた。今野はJ2で苦闘していた。吉田らはポカを繰り返した。
 ザッケローニは優秀な監督だ。繰り返すが、テレビでサッカーを見ている素人でもわかることに、気づかない筈はない。守備の不安は、当然彼も感じていた筈だ。
 不安になった時に、人はどうする?
 不安がある時、それを押し潰して無視する人がいる。こんなことは小さなことだと、無かったことにして心の平静を保とうとするのだ。
 ザッケローニ監督はそれをやってしまった。敗れたのはコンディションが悪かったからだ、と原因を他に求めた。そしてことさら「攻撃的に」と強調した。そうすることで、守備の不安を覆い隠そうとした。
 だからこそ細貝を23人から外した。そして守り切りたい展開なのに、攻撃手である遠藤を投入したのだ。

 それが、この優秀な監督の間違えた点である。

 ザッケローニ監督は、就任した頃、ことさらに攻撃的にとは言わなかった。彼が強調していたのは、「バランス」だった。
 ザッケローニ監督は、最後までバランスと言い続けるべきだったのだ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック