日本3-1コスタリカ 断片的な感想

 キプロス戦よりも動きは良くなった。
 本田はゴールキーパーとの一対一でシュートにも入れなかった場面があった。あれは印象に残ったから、本田が良くないと話題になるだろう。しかし、悪い時の本田ぐらいには戻ってきた。キプロス戦では、悪い時の本田よりもさらに悪いくらいだったのでだいぶマシ。ここからさらに上げられれば問題ない。

 香川の得点はドルトムント時を思い出す。ディフェンダーが何人いても掴まらない不思議な光景。

 今野左サイドバックには監督の用意周到さを感じた。様々なパターン、長友が怪我したら? 長友を前に上げたかったら? をここで試している。
 このところのザッケローニは山口蛍がオプションではなく、山口に誰を合わせるかを探っているように見える。もちろん点を取りに行くなら隣は遠藤だが、青山がいた前半は決して悪くなかった。

 失点はカウンターから取られたことよりも、カウンターに入られたことが問題。ボールを持つことを前提にして、センターバックに足が速いのがいないのだから、持たれた瞬間につぶさなければならない。それが本番で出来るかどうか。

 大久保がどんなに良くても点を取らないのは、ジーコ監督時の代表を知っている自分にはデフォルト。といってもザンビア戦に出られれば取りそうだ。

 あとは学だな。本当に隠しておくつもりなのかな。

 柿谷が点を取ったのは、取った事実として重要。しかし、遠藤・長友のいないなかで大迫も奮闘していた。監督の判断はいかに。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック