コロンビア2-1コートジボワール、ウルグアイ2-1イングランド、日本0-0ギリシャ

コロンビア2-1コートジボワール コロンビアの方が上か

 日本がコートジボワールと対戦した時にはドログバが出てから2点取られたのだが、コロンビアは逆にドログバが出てから点を取った。コロンビアのほうが上手(うわて)なのだな、とは思った。日本よりも。
 シード国がそれにふさわしい力を示したということだ。
 コートジボワールの立場で考えれば、2失点目が余計だった。ディフェンスのミスでボールを奪われてからの失点。コートジボワールの親善試合では時々あんなミスを見た。日本と戦う時にそれをしなかったのは残念。


ウルグアイ2-1イングランド イングランド敗退

 スアレスだ。
 コスタリカ戦に出られなかったスアレスが、出た途端に2得点で勝利。エースの存在がいかに大きいか。
 サッカーが点を取り合うスポーツである限り、フォワードにどれだけの得点能力があるか、は勝敗を左右する。ディフェンダーがどれだけ失点を防げるかも重要だが。
 何を当たり前のことを書いているのか。サッカーを見る度に当たり前のことを思い知らされているのだ。
 イングランドの得点はルーニーによるもの。スアレスは2点、ルーニーは1点。エースの得点差が勝敗に現れる。当たり前だがそうしたものだ。結局、スアレスのようなフォワードが出て来ない限り、日本もベスト8とかベスト4とかは、有り得ないのではないだろうか。


日本0-0ギリシャ 点が取れません

 これで16強はほぼなくなった。しかしそれほどW杯前の、世間の評判からずれてはいない。コートジボワールは個の力が強かったし、ギリシャは守りが堅かった。
 運は日本にあった。カツラニスの二枚目の警告は取らない審判は取らない。いや、取るのが妥当だとは思うのだが、ともあれ運は日本にあった。だがそれを生かす力が足りなかった。
 パワープレーの批判をする人が多いようだ。自分は終盤にパワープレーをしても良いと思う。コートジボワール戦でもそうだが、このギリシャ戦でも、地上戦だけではどうにも手詰まりだった。ザッケローニ監督が長身FWを招集しなかった時に「文化」などという単語を使うのがいけないのだ。中澤が終盤に上がってパワープレーを行っていたのは、そんなに昔ではないのだから。もっとも、
「パワープレー要員のフォワードは招集しなかったがパワープレーを否定するわけではない。いざとなったら吉田を前に上げる」
などと手の内をさらすことをW杯前に言うわけにもいくまい。でもやるならハーフナーなり豊田なり専門家を呼んだほうがいいだろう。とすると誰を削るのか。学か? 学は最後まで秘密兵器なのか?
 引いたギリシャを崩せなかった。ブンデスリーガ得点ランク7位や、マンUミランインテル、所謂ビッククラブの選手を擁してもまだ足りないということだ。
「日本人があのACミランにいるんですよ、今は」
所属クラブの名前でW杯に勝てるのなら、スペインが2連敗するわけもなかろう。
 ここ二試合で一番頑張っていたのは内田と見た。CLで一番活躍している日本代表選手は内田だ。クラブの名前は信用できないが、経験は嘘をつかない。
 勝ち点1で次が第三戦。コロンビアに日本が勝つ絵は描けないけれども、やってみないとわからないところはあるから、希望だけは持っていよう。ギリシャがコートジボワールに負けない絵も描けないけれども、以下同文。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック